KOKUYO DESIGN AWARD 2020

KOKUYO DESIGN AWARD2020

2020テーマ:「♡」
1,377点(国内771点、海外606点)の作品の中から
一次審査を通過した10点を対象とし、2020年3月14日に最終審査を開催。
グランプリ1点と優秀賞3点が決定しました。

グランプリ

いつか、どこかで

オバケ(友田菜月、三浦麻衣)
作品名
いつか、どこかで
作者
オバケ(友田菜月、三浦麻衣

作者コメント

これは、前世を持つ鉛筆。この世から消えてしまうはずだった、廃材によって作られます。側面に書かれた住所と部材名は、この木が使われていたかつての建物や家具の場所。凹凸のある質感や硬さ、ほのかな香り、キズ、日焼けの跡、塗料の色、木目…
手にした途端、1本1本ちがった豊かな表情に出会えるはずです。この木だけが知る記憶が、鉛筆に移植され残り続けていく。今じゃないいつか、ここじゃないどこかを、心に描いてみてください。

オバケ(友田菜月、三浦麻衣)

優秀賞

オルゴールテープカッター
鳥山翔太、柳澤駿

作品名

オルゴールテープカッター

作者

鳥山翔太、柳澤駿

作者コメント

マスキングテープカッターにオルゴールの要素を加え、テープを引き出す動作に連動して綺麗な音色が流れるようにしました。テープを引き出す際に鳴る音は、感覚的にテープの長さを測る事も出来るので、使ううちに丁度いい長さでカット出来たり、いい事があった日、お気に入りのテープをセットした時は、いつもより長く音を楽しんだり。目と耳で感覚的にテープを使う事を楽しむ事が出来る提案です。

オヤコゴコロ
山川洋平

作品名

オヤコゴコロ

作者

山川洋平

作者コメント

本体を強く押した瞬間から電池が切れるまで、現在地とSOSメッセージを一定間隔で送信し続けるブローチ型IoTデバイスです。何かあった時のために、子供の居場所を把握しておきたい「オヤゴコロ」と、常に居場所を把握されていることに抵抗を持ってしまう「コドモゴコロ」。でも、本当に何かあった時には、こっそり助けを求めたい。求めてほしい。そんな「オヤコゴコロ」に応えたいと考えました。

FROM TREE TO FOREST
Tuncay Ince

作品名

FROM TREE TO FOREST

作者

Tuncay Ince

作者コメント

木と人間、森と社会の関係を意識したデザインで、見た目も楽しく機能的な文房具です。鉛筆部分は木の幹を付箋部分は木の枝を表し、鉛筆を立てて並べると付箋同士が支えあい、森のように見えます。付箋を使い鉛筆を削る行為を、木の伐採や森林破壊に見立てています。近年、世界中で行われる森林破壊に対策しなければ、自分たちを破滅に導くかもしれません。この作品は、この現状を感じてもらい、自然を尊重し大切にするよう促します。