コクヨのマテリアリティ
-重点課題2-
社会価値創出に向けた
マネジメントシステム変革

森林経営モデルの実現による事業領域拡大 社会価値創出に向けたマネジメントシステム変革

コクヨは、自ら実験し、商品サービスを通じてお客様の体験をデザインする事で、次の時代の「働く、学ぶ、暮らすスタイル」を提案し続けてきました。
環境問題や社会課題が山積し多くの方が次に踏み出す一歩に悩んでいる今、未来に向けて全社員・全事業の協働でサステナブルな社会に貢献すべく、マネジメントシステムの変革に臨みます。パートナーやお客様との共感の輪を広げる事で、イノベーションを創出したくさんの社会課題を解決していきます。

重点テーマ 2 社会価値創出に 向けたマネジメント システム変革
アウトカム 2030年チャレンジ目標 2024年コミット目標
KPI
全事業協働で環境/社会に貢献し、共感の輪を広げ社会課題解決を牽引する コクヨの新規事業や既存事業が社会を巻き込み課題の解決を牽引している 社会価値と経済価値を両立している売上100% 未来ヨコクの実験数 30個
コクヨ人材があらゆるところで活躍し社会をより良くしている 社会課題解決に関わる人材100% サステナビリティに関する活動への参加人数100%

目標達成に向けた取組み

グループ運営会議体の強化

中長期視点で大きな経営課題に取り組み、戦略のPDCAを回すため、グループ運営会議体の強化に取り組みました。
執行役員全員で、中長期のビジョン・戦略について十分な議論を行う会議体としてPDCA会議を設置し、中長期視点でのありたい姿を経済価値と社会価値の両面で具現化していく為の事業戦略、運営戦略の意思決定をしています。

プレスリリース: https://www.kokuyo.co.jp/newsroom/news/category/20211105CS.html

社内のサステナブルコミュニケーション

  • サステナブルアカデミア

    サステナブル経営に舵を切るにあたり、経営・社員の機運向上を目的としたウェビナーを定期開催しています。外部有識者とコクヨ経営陣のトークセッション形式により、経営と社員が同じ問題を考え取組みに向けた気持ちを高めています。過去2回の開催はそれぞれ300名近い参加申し込みがあり、ウェビナー翌日には、執行役員の呼びかけにより事業本部内にSDGs検討を目的としたタスクフォースが立ち上がるなど、大きな反響を生みました。

  • 3Cニュース

    サステナビリティをより自分ごと化するため、SDGsに関わるニュースを、コクヨで取り組むなら、競合はどう取り組んでいるか、顧客は何を望んでいるか、3Cの切り口で分析したメールマガジンを配信しています。2021年に経営陣を中心に配信を始め、2022年にはより広く発信するため、対象を有志の社員に拡大しました。

社内のサステナブルコミュニケーション

神山まるごと高専(仮称)との協働

2023年4月徳島県神山町に開校を目指す私立高等専門学校「神山まるごと高専(仮称)」と「未来の学び方を共に考える」パートナー契約を締結し学校づくりを支援する活動を進めています。
神山まるごと高専の学校づくりと新たな学び方の探求を通して、地方創生など社会課題の現場を体験することにより、コクヨの社員が社会課題解決を通じた経済価値の創出にチャレンジする機会とし、「学ぶ」領域における新規事業の創出と事業領域の拡大に繋げていきます。

2022年3月に、品川オフィスTHE CAMPUSにて、神山まるごと高専主催の「未来の学校FES」を開催。コクヨは会場提供に加え、約50名の社員が参加し、中学1~3年生とその保護者を対象に、未来の学びを体感するコンテンツを提供しました。

プレスリリース: https://www.kokuyo.co.jp/newsroom/news/category/20211105CS.html

神山まるごと高専(仮称)との協働

PASS THE BATON MARKETの共催

商流が途絶えて行き場を失った企業のデッドストックや規格外品を扱うことで、新たな消費の在り方を再考する「PASS THE BATON MARKET」の趣旨に賛同し、「THE CAMPUS」での共催を行っています。コクヨの出展エリアでは、販売機会が失われてしまった限定品の文房具や、社内の多様な部門から公募形式で集めたユニークな「訳あり」アイテムを販売。また製造過程やオフィスで排出する素材をアップサイクルするワークショップも行いました。

「THE CAMPUS」での「PASS THE BATON MARKET」の定期開催を通じ、サステナビリティ観点での商品の展開や取組みの実験など、サステナビリティに自分ごととして向き合う社員や事業の挑戦を増やしていきます。

PASS THE BATON MARKETの共催
ページトップへ