経営方針

ディスクロージャーポリシー


基本方針

当社では、東京証券取引所の定める「上場有価証券の発行者の会社情報の適時開示等に関する規則」等(以下「適時開示規則」)に従い、情報開示を行っています。また、適時開示規則に該当しない情報についても、金融商品取引法に定められたフェアディスクロージャー・ルールを遵守し、投資家の皆様の理解の一助となると判断した情報については適切な方法によりできる限り積極的かつ公平に開示することを基本方針としています。

情報の開示方法

適時開示規則に該当する情報の開示は、同規則に従い、東京証券取引所への事前説明の後、同取引所の提供する適時開示情報伝達システム(TDnet)にて公開します。TDnetにて公開した情報のホームページへの掲載に関しては、当ホームページに速やかに掲載することとしています。また、適時開示規則に該当しない情報を開示するにあたっても、適時開示やフェアディスクロージャー・ルールの趣旨を踏まえて適切な方法によりできるだけ正確かつ公平に当該情報が一般の投資家に伝達されるよう配慮を行っておりますが、万が一、フェアディスクロージャー・ルールに定める取引関係者への情報伝達等を通じて公平性に疑義が生じる事態が発生した場合は、速やかに当該事象の解消を図ります。

情報開示の体制

当社は、経営管理本部長(情報取扱責任者)、財務経理本部長(IR担当役員)を中心に、各部門及びグループ会社からの情報を財務経理本部にて集約し、開示の検討を行います。また、投資家の皆様とのコミュニケーションについては、財務経理本部長の管理の元で財務経理本部IRユニットを窓口として行います。なお、投資家の皆様とのコミュニケーションに際しては、その内容を逐次記録し経営に対してフィードバックすることで、コミュニケーションの質の向上を目指します。

将来の見通しに関して

当ホームページに掲載されている情報の中には、当社の将来の戦略・見通し・見解等が含まれる場合がありますが、歴史的事実以外のものは、一定の前提下で作成された見通しや戦略であり、当該時点における様々な環境変化等の外的要因により、これら見通しとは大きく異なる結果となりうることを予めご了承ください。また、企業価値等を検討されるにあたっては、これら情報に全面的に依拠されないようお願いいたします。

沈黙期間について

当社は、株価に影響を与える可能性のある情報の漏洩を防ぎ、全ての投資家に対する公平性を確保することを目的として、決算発表前約1ヶ月を「沈黙期間」として、決算に関連するコメントや質問への回答を控えております。ただし、「沈黙期間」中に予想を大きく外れる見込みが出てきた場合には、適宜、情報開示を行うこととしております。

ワードバンク

カーソルを赤い下線が引かれている用語の上に合わせると、横に解説が表示されます。

使用例
ページトップへ