コクヨのマテリアリティ
-重点課題5-
自然共生社会への貢献

WORK&LIFEの基盤である地球を守るための活動 自然共生社会への貢献

主要製品のノートや家具を始めとし、多くの木質材料を活用して事業を行っている企業として、持続可能な森林資源の保全は重大な使命です。コクヨではこれまでも、環境影響最⼩化のために生物多様性に配慮して事業を行い、有害化学物質削減を推進してきました。
本年度からは更に、自然資本と事業活動のバランスをとり健全な地球を守る為、自社の自然環境負荷の把握と、その改善に向けた計画の推進を進めて行きます。

重点テーマ 5 自然共生社会への貢献
アウトカム 2030年チャレンジ目標 2024年コミット目標
KPI
自然資本とバランスがとれた事業活動を行い健全な地球を守る 自然環境負荷とその改善に向けた活動を開示し、環境を損なわない意識を市場に形成している 事業活動における自然環境負荷可視化を実現し±0達成
森林保全(毎年150ha程度の間伐)
ヨシ原保全(毎年1.5ha程度のヨシ刈り)

目標に対する2021年度の実績

目標達成に向けた取組み

マテリアリティタスクフォース活動

2030年チャレンジ目標である、事業活動における自然環境負荷可視化を実現し±0を達成するためのタスクフォースを発足しました。TNFDへ対応していく事も視野にいれ、現状、自社が自然環境に与えている負荷の把握、データ整備、±0達成へ向けての計画立案を進めていきます。

結の森プロジェクト

2021年度の間伐面積は88.55ha CO2吸収量は5,368 t-CO2となりました。
2006年、コクヨは高知県四万十町大正地区の民有林を「結の森」と名付け、「人工林の再生」と「自然環境と地域社会の再生」をテーマに、間伐材の有効活用を中心とした森林保全を開始し、2007年よりFSC®(Forest Stewardship Council®森林管理協議会)の森林認証を取得しています。また、2007年より、高知県から「CO2吸収証書」が交付されております。多くの木質材料を活用して事業を行っている企業として、今後も事業を通じた森林資源の適切な管理と保全を進めていきます。(FSC®COO4748)(FSC COO7763)

結の森プロジェクト

ReEDENプロジェクト

2021年度はコロナ禍の影響でヨシ刈り活動を一部中止したため、ヨシ刈り面積は0.45haとなりました。
コクヨ工業滋賀は2007年、ヨシを通した「活動」と「活用」の両輪で、琵琶湖環境の保全・維持に貢献する事業をスタートさせました。琵琶湖の水環境、生態系、そして二酸化炭素の回収に重要な役目を果たしているヨシ(葦)原は、伝統産業の衰退により、手入れが行き届かなくなったことで半減してしまいました。滋賀県では、1992年にヨシ群落保全条例を定め、「守る」 「育てる」 「活用する」 の3本柱で保全に努めています。これらの条例を事業活動の中で実践することで豊かな琵琶湖環境を守り、気候変動の軽減にも貢献していきます。

ReEDENプロジェクト

合法木材の利用促進

2019年に策定しました「木材合法性証明デューデリジェンスシステムマニュアル(家具版)」に基づく年次調査(2021年)の結果、調査対象木材につきまして全て合法性が確認されました。コクヨグループは、2011年に「木材調達基本方針」を制定し、持続可能な森林資源を原料とすることを明確にしました。コクヨグループは創業時より紙をはじめとした森林由来資源を活用して事業を展開・発展してきました。我々は、地球温暖化の抑制や生物多様性など森林の果たしてきた役割を認識し、資材の調達に関して合法性・透明性・持続可能性に配慮しながら、今後も森林資源との調和ある発展を目指します。

ページトップへ