コクヨのマテリアリティ
-重点課題4-
循環型社会への貢献

WORK&LIFEの基盤である地球を守るための活動 循環型社会への貢献

コクヨは限りある資源を有効活用しお客様に価値をお届けするため、各拠点でリサイクル率向上に努めているほか、環境に配慮した製品・サービスの開発に積極的に取り組んでいます。今後は更に、幅広いお客様が身近に手にしていただく商品を提供する企業として、個々人にあった捨てないライフスタイルを提案していく事を目指します。パートナー、お客様と共に資源循環の仕組みを生み出すことで、まだ使える資源を「捨てない社会」を牽引していきます。

重点テーマ 4 循環型社会への貢献
アウトカム 2030年チャレンジ目標 2024年コミット目標
KPI
多くのパートナー、顧客と共に循環を生み出し「捨てない社会」をリードする コクヨの循環参加者数が日本人口の16%を超え、社会の行動変化を生んでいる コクヨグループ(海外含む)が取り扱う循環型商品売上80%以上 循環型設計指針に基づく新商品100%
廃棄物(事業所、施工現場、棚卸在庫)のリサイクル率100%
循環社会に向けた実験を多数行い、共感する仲間を増やしている コクヨの循環設計指針に賛同するサプライヤー数100% 主要サプライヤー(約400社)の評価・改善項目フィードバック100%

目標に対する2021年度の実績

目標達成に向けた取組み

マテリアリティタスクフォース活動

2024年コミット目標である、循環型設計指針に基づく新商品100%を達成するためのタスクフォースを発足しました。素材を循環させる事のみに留まらず、循環に参加する人にプラスの価値を提供する事で、多くの人を巻き込み社会をサーキュラーな形に変容させる事を目指し、循環型設計指針を構築する事から取組みをスタートします。

省資源・リサイクル対策

2021年のコクヨグループ(31社)(※5)の事業所からの排出物量は、21,933 トン、リサイクル率は97.4 %、施工現場廃棄物量は4,863 トン、リサイクル率80.7 %でした。日本国内のコクヨグループ自社工場の産業廃棄物については2009年以降ゼロエミッションを達成していましたが、三重工場では、資源循環を考慮しパーティクルボードのリサイクルをサーマルからマテリアルに変更したことで若干の残渣が発生しました。今後も継続して、各部門での有効な資源循環の検討、廃棄物の排出抑制とともに、リサイクル率100%を目指していきます。

コクヨ(株)と連結子会社20社、関連会社10社

省資源・リサイクル対策

サステナブル調達方針の策定

調達基本方針をサステナブル調達方針に改定しました。地球と社会がサステナブルであり続けるために、コクヨグループ経営理念「共感共創」をサプライヤーの皆様と共有し、相互理解と信頼関係構築に努め、共に社会的責任を果たし社会の発展に貢献し続けます。
2022年度は、主要サプライヤー400社と共に循環型社会へ向けた取組みを進めていく為の一歩目として現状把握のためのアンケート調査を行います。

「捨てない社会」へ向けた実験

「捨てない社会」構築へ向けて、様々な実験がコクヨグループ内でスタートしています。
コクヨMVPでは製品の製造過程で排出される廃プラを「ウッドプラスチック」として使用するための検証や、商品梱包材として使われるPPバンド再利用の取り組みを始めました。
カウネットでは、お取り扱い商品の伊藤園様の紙パック飲料容器をオリジナルボックスで回収し、コアレックス信栄様の工場でトイレットペーパーにする「紙パック飲料容器リサイクルサービス」の実験を行いました。
その他、有志チームstnb.は自社の拠点から排出する素材を、お客様と共にアップサイクルするワークショップを開催しています。素材の有効な活用方法を共に考える事で、社内外に向けて「捨てない」を学ぶ活動を広げています。

「捨てない社会」へ向けた実験
ページトップへ