コクヨのマテリアリティ
-重点課題1-
Well-beingの向上

社内外のWell-beingの向上 新しい働き方の提案とダイバーシティ&インクルージョン& イノベーション

コクヨは「幸福」「健康」を意味するWell-beingを社内と社会の両方において実現することを目指します。
新たな働き方の推進により、ジェンダー、障がい、国籍だけにとどまらず多様な人材が自分らしく活躍できるバリアのない組織づくりを行い、社内のWell-being向上を目指します。
また、多様な方と共にインクルーシブデザインを取り入れたものづくりを実践し、社会の様々なバリアを減らすイノベーティブな商品を通して、社外のWell-beingの向上を図ってまいります。

重点テーマ 1 Well-Being
アウトカム 2030年チャレンジ目標 2024年コミット目標
KPI
イノベーションを生み、多様な人と社会のWell-beingを向上させる ライフベースドワーキングを社会に提案。浸透させ自分らしく生きる人を増やしている 多様な働き方の選択肢の挑戦数(時間、女性活躍など)27挑戦 (3挑戦/年×9年) 社員の可処分時間獲得に向けた価値観変革、管理職・従業員の有給休暇取得率100%
指導的地位の女性比率12%
社会のバリアをなくし、活き活きと働き学ぶ人を増やしている インクルーシブデザインを経た新商品上市率50%SKU以上 インクルーシブデザインが考慮された新商品の品番構成比率20%以上

目標に対する2021年度の実績

  • 有休休暇取得率(※1):国内主要5社(※2)平均約50%
  • 女性管理職比率(※1)(※3):国内主要5社(※2)平均7.4%

    (※1)現在データが取得できている国内主要5社のデータを本年度は開示します。 (※2)コクヨ、コクヨロジテム、コクヨサプライロジスティクス、コクヨマーケティング、カウネット (※3)マテリアリティ目標は指導的地位の女性比率の為、本年度よりデータ取得を開始します

    データ編はこちら

目標達成に向けた取組み

マテリアリティタスクフォース活動

  • 社内のWell-beingタスクフォース

    2024年コミット目標である、管理職・従業員の有給休暇取得率100%、指導的地位の女性比率12%を達成するためのタスクフォースを発足しました。現状把握と課題の特定、施策の優先付けを実施し、同時にバイアスを低減させるための施策を実行していきます。

  • 社外のWell-beingタスクフォース

    2024年コミット目標である、インクルーシブデザインが考慮された新商品の品番構成比率20%以上を達成するためのタスクフォースを発足しました。バリアのない社会で、よりいきいきと働き、暮らし、学ぶ人を増やす事を目指し、商品企画へのインクルーシブデザインの取り込み方を検討していきます。

新しい働き方の提案

2021年4月、品川オフィスを、街に開かれた、“みんなのワーク&ライフ開放区”THECAMPUSとしてリニューアルオープンし、多様な価値が混ざり合い、新しい化学反応を生み出し続ける働き方の実験を開始しました。加えて、2022年1月からアフターコロナの働き方「コクヨ式ハイブリッドワーク」へ転換するため、ガイドラインなどを整備し、より自分らしい働き方、学び方、暮らし方によりそう''Life Based Working’’を目指します。

採用サイト>成長を加速する仕組み:https://recruit.kokuyo.co.jp/environment/training/

サステナビリティサイト>人材マネジメント:https://kokuyo.co.jp/sustainability/esg/society/diversity-2/

「第3次中期経営計画期間の働き方ガイドライン」

ダイバシティ&インクルージョン&イノベーション

特例子会社コクヨKハート社員とのインクルージョンを深め、共に社外のWell-beingを生み出していく為の一歩目として、本社リニューアルを機にコクヨKハート社員が本社の様々な場所を活用できるようツアーを実践し、インクルージョンに向けての課題を議論しました。

また、特例子会社ハートランドとの価値創出活動として、サラダ専門店「HIGH FIVE SALAD」とのコラボ商品の企画、販売を行いました。

今後も社内の多様な人材のインクルージョンを進め、ダイバーシティ&インクルージョン&イノベーションのコンセプトに則り、社外のバリアをなくす価値創造を進めていきます。

Youtube:https://www.youtube.com/watch?v=Pa_D_jJYmq0

サステナビリティサイト>人材マネジメント:https://kokuyo.co.jp/sustainability/esg/society/diversity-2/

ページトップへ