CSRマネジメント

CSRの基本的な考え方

基本的な考え方

コクヨグループは1905年に、創業者 黒田善太郎が大阪で和帳の表紙店を開いたことから始まりました。創業者は、「越中(現在の富山県)の国の誉れになる」という志を持って、郷里から大阪に向かいました。この創業者の志は、「国誉」という商標を経て、現在の社名の「コクヨ」となり、グループ社員全員でこの志を継承し、事業を展開してきました。

2004年、社会及びグループの継続的な発展を期すため、「コクヨグループ CSR 憲章」を制定(2012年一部改定)しました。基本方針について、「お客様」「地域社会」「環境保全」「企業活動」「人権尊重」の5つのテーマに沿って明らかにしています。

※ 関連情報:「コクヨグループCSR憲章

CSR推進体制

コクヨグループでは、関連部門が連携し、グループ全体でCSR活動を推進しています。また重点課題については、環境委員会、中央安全衛生委員会などを運用し、各専門部署が中心となってグループ全体で組織的に取り組んでいます。今後も情報発信や対話を通じて、ステークホルダーとの調和を図りながら、社会及びグループの持続的発展を追求していきます。

コーポレートガバナンス体制

透明で適切かつ効率的な経営の再現性と継続性が担保されることを目指し、コーポレートガバナンス体制を構築しています。また事業や業務が不正なく、誤りなく、効率よく遂行されるように、内部統制システムを構築、運用し、継続的に改善、充実を図っています。内部統制関連の主な委員会では、担当役員が委員長となり、複数の関連部署からメンバーを選出しており、それぞれの専門的見地からCSRにおける重要課題をグループ全体で組織的に推進・強化していくための取り組みを行っています。

図

役員紹介

取締役

代表取締役 会長
黒田 章裕
代表取締役 社長執行役員
黒田 英邦
取締役 副会長
黒田 康裕
取締役 グループ上席執行役員
森川 卓也
取締役 グループ上席執行役員
宮垣 信幸
社外取締役
作田 久男
社外取締役
浜田 宏
社外取締役
藤原 健嗣
写真

監査役

常勤監査役
小谷 洋一
常勤監査役
住谷 勉
社外監査役
水野 裕
社外監査役
村田 守弘
写真

執行役員

社長執行役員
黒田 英邦
グループ上席執行役員
海外事業本部長
森川 卓也
グループ上席執行役員
経営管理本部長
宮垣 信幸
グループ執行役員
経営企画室長
梅田 直孝
グループ執行役員
ファニチャー事業本部長
坂上 浩三
グループ執行役員
カウネット事業本部長
(株式会社カウネット 代表取締役社長 兼務)
高橋 健一郎
グループ執行役員
ステーショナリー事業本部長
八十 卓司
コンテンツリンク
トップメッセージ CSRの基本的な考え方
コクヨCSR憲章 コクヨグループ行動基準
CSRマネジメント トップページ
ワードバンク

カーソルを赤い下線が引かれている用語の上に合わせると、横に解説が表示されます。

ページトップへ