CSRマネジメント

コクヨグループは、創業以来の「商品を通じて世の中の役に立つ」という企業理念のもと、誠実な事業活動を展開し、収益性を高めるとともに、社会から必要とされ、選ばれ続ける企業になります。
※2015 年3 月31 日までの活動について報告しています。
 また、文中の組織名は2015 年3 月31 日時点のものです。

CSRの考え方

コクヨ創業者 黒田善太郎は、「事業は社会のために行うものであり、そこで得られる利益は貢献に対する報酬である」という言葉を残しています。創業以来100年以上、創業者の精神を受け継ぎ、CSR活動を進めています。

  • トップメッセージ
  • 企業理念
  • CSRの基本的な考え方
  • コクヨCSR憲章
  • コクヨグループ行動基準

CSRの社員浸透及びリスクマネジメント

コクヨグループのCSRの考え方について、社員一人ひとりが理解し、行動するため、浸透活動を推進しています。またリスクマネジメントとして、災害などが発生した場合において、事業継続や迅速な復旧作業に向けて計画し、徹底した訓練を実施しています。

  • 創業記念月の取り組み
  • 自社のCSRを知るための取り組み
  • コンプライアンス推進の取り組み
  • BCPの取り組み

ISO26000に基づく情報開示

ISO26000の中核主題に基づき、コクヨグループのCSR活動を公開しています。

  • ISO26000対照表
ワードバンク

カーソルを赤い下線が引かれている用語の上に合わせると、横に解説が表示されます。

ページトップへ