エコバツへの取り組み

ECO エコバツへの取り組み ECO+CREATIVE 環境対応商品100%を達成したコクヨ独自の環境活動

地球温暖化が言われ始めた2007年、コクヨはいち早く、環境への取り組みを強めることを決断。そのひとつが、エコバツマークの採用でした。環境配慮に欠けている自社商品にバツを付ける。そして3年間で環境配慮商品を100%にして、すべてのバツをなくす。いま、その目標は実現し、2011年度版カタログからコクヨの商品はエコであることが当たり前となりました。

環境企業を目指すと社会に宣言し、ひとつひとつの商品を見直した3年間。そのプロセスで起こったこと、考えたこと、そして見えてきたことをここで、ご紹介してまいります。

エコバツマークとは? コクヨ独自の環境基準を設けて、自社製品にバツを付けました。
エコバツゼロへの道 エコバツゼロを目指す商品担当者たちの、それぞれの情熱と工夫を紹介します。
エコ+クリエイティブへ エコロジーは当たり前の時代に、一歩進んだ「エコ+クリエイティブ」を。
ワードバンク

カーソルを赤い下線が引かれている用語の上に合わせると、横に解説が表示されます。

ページトップへ