西陣織ブランド「HOSOO(ホソオ)」とコラボレーション 空間構築アイテムを創造する取り組みを開始

家具製品2022年11月04日

コクヨ株式会社(本社:大阪市/社長:黒田 英邦)は、株式会社細尾(本社:京都市/社長:細尾 真孝、以下細尾)とコラボレーションし、世界に誇る西陣織の高い技術と芸術性を生かした空間構築アイテムを創造する取り組みを開始しましたので、お知らせします。


ハイブリッドワークなど働き方が多様化するニューノーマル時代、オフィスは質の高い交流が得られ、豊かな経験を提供できる環境へと変化が求められています。今回当社はこうした環境を構築する上で、従来オフィスで使われる家具のテキスタイルとは全く違う、日本らしい美意識と伝統的で繊細な技術から生まれる西陣織をぜひ取り入れたいと考え、伝統の技術に革新的な技術とタイムレスなデザイン感性を加えることによって、唯一無二のテキスタイルを生み出し、国内外のラグジュアリーマーケットに向けて展開する「HOSOO」とのコラボレーションにいたりました。

オリジナルの新作として開発を進めている「Art Acoustic Panel(アートアコースティックパネル)」は、日本の四季の中で感じられる情景が西陣織で表現された、壁面を彩るアートのような存在でありながら吸音効果をもつ壁面パネルです。
また、世界中の高級ホテルやレストランなどで採用されている上海発のラグジュアリーブランド「Stellar Works(ステラワークス)」のソファーやラウンジチェアーにHOSOOのテキスタイルを取り入れたコラボレーション家具も用意しました。

どちらも11月7日(月)からコクヨ東京ショールームにてプロトタイプを展示します。発売は2023年夏頃を予定しております。


「HOSOO」について

元禄元年(1688年)、本願寺より「細尾」の苗字を受け、京都・西陣において創業した西陣織の老舗、株式会社細尾によるテキスタイルブランド。西陣織は古都・京都で約1200年前より、貴族や武士階級、裕福な町人達の支持を受けながら育まれてきました。「HOSOO」は、伝統的な技術を継承する一方で、世界のテキスタイルの標準幅である150cm幅の西陣織を織ることができる織機を独自に開発し、世界のラグジュアリーマーケットに向けて革新的なテキスタイルを提供しています。

「Stellar Works」について

2012年に上海で日本人によって設立された、ラグジュアリー家具ブランド。「東洋と西洋」「伝統とモダン」「クラフトとインダストリー」など異なる国や地域、文化や価値観を絆ぐ、それぞれの優れた伝統文化や技術を現代の光のもとで一つにする、というコンセプトのもと、世界中で活躍するデザイナーやマニュファクチャラーと協働し活動しています。
ラグジュアリーホテルやレストラン、リテールショップなどでの実績を経て、オフィスへ活躍の場を広げています。




※本記載の情報(製品仕様、価格、発売日等)は発表日現在の情報です。予告なく変更する可能性がございます。あらかじめご了承ください。


お問い合わせ

お客様相談室
フォームからのお問い合わせはこちら
お電話でのお問い合わせ
0120-201-594

受付時間 9:00~16:00(土日祝日・年末年始・
夏季休業中を除く)

  • お客様の個人情報のお取扱いについて お客様からご連絡頂きました個人情報は、本件の目的以外には一切使用致しません。

ページトップへ