コクヨ、次世代コミュニケーションツール「MAXHUB」を発売開始 “会議のアクティブ化”を実現。ポストコロナに向けた働き方をアップデート

家具製品2021年07月01日
コクヨ株式会社(本社:大阪市/社長:黒田 英邦)は、コロナ禍における課題“会議のアクティブ化”を実現し、ポストコロナに向けた働き方をアップデートする次世代インタラクティブ型コミュニケーションツール「MAXHUB(マックスハブ)」を79日(金)より発売します。


次世代インタラクティブ型コミュニケーションツール「MAXHUB」使用イメージ
写真:次世代インタラクティブ型コミュニケーションツール「MAXHUB」使用イメージ
コロナ禍2年目となった現在、「相互コミュケーション」が新たな課題として顕在化しつつあります。社員500名以上の企業を対象とした弊社調査(下図)によると、「アイデア会議」「顧客交渉」など、複数人でのコミュニケーションにおいて、共通してストレスが増幅していることが分かっています。その中でも“会議“は、相互の理解や認識を測りづらく、業務の効率性や生産性への影響が懸念されます。
調査資料
【ポストコロナの働き方/MANA-Bizより】
(https://www.kokuyo-furniture.co.jp/solution/mana-biz/2021/05/post-568.php)
今回発売する「MAXHUB」は、“会議”や“プレゼン“など、相互コミュニケーションにフォーカスを当てた商品です。
Web会議、ホワイトボード、プレゼンテーションの3つの機能を1台に装備。搭載しているカメラは4800万画素の高解像度で、マイクは8m先まで集音可能です。
またホワイトボードや投影した資料には書き込みが可能なので、リアルタイムに正確な意思疎通が図れます。
これらの特長によって、コロナ禍だけでなくポストコロナに向けて、会議のアクティブ化、ひいては働き方のアップデートに貢献してまいります。

○発売予定: 2021年7月9日(金)

○メーカー希望小売価格(本体税抜価格): オープン価格



次世代コミュニケーションツール「MAXHUB(マックスハブ)」の特長

1.Web会議~高性能な機能で場の雰囲気まで伝わる~
「MAXHUB」は、4800万画素の高解像度カメラ、8m先まで集音可能な高性能マイク、発言者をズームアップする機能など、各種高性能な機能が標準装備されていることで、参加者の表情や細やかな発言も伝達。対面時のような臨場感で場の雰囲気までクリアに伝わります。

Web会議での「MAXHUB」使用イメージ
写真:「MAXHUB」使用イメージ
2.ホワイトボード~通常のホワイトボードでは得られない便利さ~
4Kのディスプレイはタッチパネルになっており、ペンや指で滑らかに書き込みが可能です。また、ボードには画像や動画などマルチメディアファイルを直接挿入でき、会議終了時にはPDF・JPEG形式ですぐに内容を保存可能という、デジタルツールならではの便利な機能も備わっています。

ホワイトボードでの「MAXHUB」使用イメージ
写真:「MAXHUB」使用イメージ

3.プレゼンテーション~簡単・すぐ表示で議論が加速する~
付属品のドングルや専用アプリを使用することで、無線での画面共有や最大6画面の同時投影が可能に。また、投影した資料に書き込みができるため、大人数の会議でも共通認識を持ったまま、会議を進行することができます。

プレゼンテーションでの「MAXHUB」使用イメージ
写真:「MAXHUB」使用イメージ

4.必要なものが一式揃うAll in One
「MAXHUB」は、Web会議やプレゼンテーションなどに必要な機能が一式揃うAll in Oneタイプ。モニター、マイク、スピーカーから、ホワイトボードまで、これ1台に詰まっています。複数の機器の接続や互換性の検証などが不要で、それぞれを個別に購入してセットする煩雑さを解消します。

写真:「MAXHUB」本体外観イメージ
写真:「MAXHUB」本体外観イメージ


▼MAXHUB V5 Transcend series 仕様

MAXHUB V5 Transcend series 仕様書

※本記載の情報(製品仕様、価格、発売日等)は発表日現在の情報です。予告なく変更する可能性がございます。あらかじめご了承ください。


お問い合わせ

お客様相談室

お電話でのお問い合わせ

0120-201-594

受付時間 9:00~16:00(土日祝日・年末年始・夏季休業中を除く)

  • お客様の個人情報のお取扱いについて お客様からご連絡頂きました個人情報は、本件の目的以外には一切使用致しません。
ページトップへ