~社会~ 働き方改革

考え方

コクヨは持続的成長力を獲得するため、「時間の使い方」を軸とした、各社員の働き方の変化を起こしていきます。
社員がテレワークなどを活用しながら自律的に働く時間と場所を選択する働き方を実践し、また生産性向上の阻害要因を解決し「可処分時間」を増加することで、組織や個人の成長に繋げることを目指します。

しくみ

ワークライフバランスの実現

コクヨグループではワークライフバランスに配慮して、働きやすい環境づくりに努めています。
これらの取り組みが認められ、2019年12月末現在、グループ3社が「くるみんマーク」を取得しています。
「くるみんマーク」は、少子化の改善を推進する厚生労働省が次世代育成支援対策推進法に基づいて「子育て支援に積極的な企業・団体」に交付しているマークです。
【取得会社】(2019年12月末現在)
コクヨ(株)、(株)カウネット
コクヨマーケティング(株)

「在宅勤務制度」や「コアタイムの無いフレックスタイム制度」の導入

コクヨでは、コアタイムの無いフレックスタイム制も導入し、メリハリをつけて時間を有効活用することを推進しています。また、育児・介護で時間や場所に制約のある社員を対象として、1日単位または時間単位での在宅勤務制度を導入しています。朝、出勤するまでの時間や、帰宅後、家事を済ませてから就寝するまでの隙間時間を効率的に使うことで、育児と仕事にしっかり取り組むことができ、利用者も増加しています。

自己都合退職者再雇用制度

結婚・出産・育児・介護・配偶者の転勤・留学・ボランティア・転職、及びその他会社が認めた事由により、自己都合で退職した正社員を再雇用する制度を設けています。
コクヨグループの外で過ごした間に培われた経験・知識がグループ内にもたらされ、グループのダイバーシティがさらに広がることが期待されています。

定年退職者の再雇用

コクヨでは、原則として、60歳定年後もコクヨグループで勤務を希望する社員全員が、シニア社員として勤務を継続することを可能とする制度を整備しています。
この取り組みにより、社員が定年後も社会で活躍できる機会を提供するとともに、これまでの勤務で培われた豊かな経験・知識が活用され、後進の育成に寄与されることが期待されています。

「ワクワク、スマートワーク2019」を実施

働く時間と場所の柔軟化に関して、「ワクワク、スマートワーク」と題して継続的なトライアルを行っています。2018年のトライアルでは、テレワークによって通勤ストレス軽減やライフ時間の増加などの効果がありました。
2019年も、前年の取り組みで得た気づきを踏まえて、参加人数を拡大し、3か月間にわたってテレワークに取り組みました。さらに、働く日数と時間を選択できる「デイ・タイムチョイス」や「服装の柔軟化」など、新しい働き方へのチャレンジも行いました。
取り組み後のアンケートからは、参加者の多くが労働時間を効率化できたと回答しており、また、この取り組みを契機に業務との向き合い方が変わり、残業時間の減少にも繋がるという考察も得られました。

テレワーク中の社員も交えた会議の様子

メリハリ・チャレンジ制度(提案制度、表彰制度)

第2次中期経営計画における重点テーマ「メリハリ倍速運営」。これは、社員一人一人が自ら考え、スピード感を持って新しいチャレンジを進めることで、仕事の改善や効率化を図ろうという活動です。コクヨグループでは、この活動を推進する取り組みの一つとして、今年の4月からメリハリにつながる「メリハリ提案」と「メリハリ実践賞」を募集してきました。

12月末までの提案数は、目標の4,000件に対し、4,169件。 「働き方改革」「コミュニケーション促進」「ITツール」などさまざまな視点での提案がありました。
各提案に対し、役員や事業本部長などが意見を交わしながらフィードバックレポートを作成。ポータルサイトを通じ、随時発信しています。また、各事業所では、中でも優れた提案や実践している人を表彰するイベントも実施しました。 今後も実現の可否にかかわらず、社員の提案に対して真摯に向き合いながら活動の継続を目指します。

表彰式の様子

ページトップへ