~社会~ 社員の健康

考え方

コクヨの持続的成長には従業員の健康が不可欠であると考え、健康経営宣言を制定し、健康推進に努めてまいります。

コクヨ健康経営宣言

コクヨは、企業の持続的成長の獲得には従業員が心身ともに安全で健康に活躍できる環境と仕組みが重要であると考え、従業員の健康保持・増進に取り組みます。
私たちは、従業員が心身ともに健康に活躍し一人一人の創造性を発揮することで創り出される商品・サービスの提供を通じて、お客様や社会全体の生き生きと健康的に「働く」「学ぶ」事に繋げ、多くのステークホルダーの皆様の期待に応えるよう、従業員・労働組合・健康保険組合と共に健康経営を推進します。

しくみ

重点取り組み項目

・従業員の働く環境の継続的改善を図り、心身共に安全で健康に働くことのできる職場を目指します。

・健康診断とその結果に対するフォローアップと、疾病を予防するための検診メニューにより、従業員の健康維持・重症化予防に努めます。

・ストレスチェックおよび従業員サーベイから得られた診断結果を組織活性化に活かし、従業員のメンタルヘルスとエンゲージメントの向上に努めます。

・従業員が自ら健康増進に向けて考え、取り組んでいけるよう、健康増進情報の発信と教育を実施します。

・多様な働き方を実践するとともに、テレワーク推進、残業時間短縮、年休取得促進、育児・介護支援、仕事と家庭の両立などへの取り組みを行います。

健康推進管理体制

健康経営を推進するため、コクヨグループ中央安全衛生委員会によるコクヨグループ安全衛生基本方針の下、グループ全体の健康推進管理体制を敷いています。グループ各社に健康促進責任者・担当者を配置、人事部門、労働組合、健康保険組合、健康管理スタッフが一体となりグループ全体で健康増進の取り組みを行っています。

健康推進管理体制
  • 健康推進の具体的なデータについては、 こちら に掲載しています。

健康経営優良法人2020(大規模法人部門)ホワイト500に認定されました

コクヨ株式会社と、株式会社カウネットは、経済産業省と日本健康会議が共同で選出する「健康経営優良法人2020(大規模法人部門)ホワイト500」に認定されています。ホワイト500は、2年連続、通算3度目の認定となります。
また、グループ会社のコクヨマーケティングも「健康経営優良法人2020(大規模法人部門)」に認定されました。

健康経営優良法人2020(大規模法人部門)ホワイト500

健康経営優良法人認定制度とは、地域の健康課題に即した取組や日本健康会議(※)が進める健康増進の取組を基に、特に優良な健康経営を実践している大企業や中小企業等の法人を顕彰する制度で、弊社は規模の大きい企業や医療法人等を対象とした「大規模法人部門」において認定されました。なお、2020年より、健康経営優良法人(大規模法人部門)の認定については、認定基準を満たした法人のうち上位500法人のみ「ホワイト500」として認定され、上位500法人以下で、認定基準を満たした法人は「健康経営優良法人」として認定されるという形に変更されています。

  • 日本健康会議とは、少子高齢化が急速に進展する日本において、国民一人ひとりの健康寿命延伸と適正な医療について、民間組織が連携し行政の全面的な支援のもと実効的な活動を行うために組織された活動体です。経済団体、医療団体、保険者などの民間組織や自治体が連携し、職場、地域で具体的な対応策を実現していくことを目的としています。 なお、健康経営は、NPO法人健康経営研究会の登録商標です。

コクヨグループ健康目標と2019年結果

コクヨグループでは、「生活習慣病にならない身体づくり」を実現するため、2013年より具体的な健康目標を定め、社内の健康保険組合や健康管理室と連携した健康活動を推進しています。
日々の歩数や体重などを記録し、楽しみながら運動の習慣化を促すウォーキングキャンペーンや、保健所と連携した食生活セミナーなどを実施しています。また、がん予防対策としては、乳がん・大腸がん検診の受診促進として、社内での定期検診時にマンモ検診ができるように機器を設置しました。さらに希望者は「人間ドック」が受診できるなど、健康診断項目の充実化や、社員が自ら健康意識を持って受診できる機会を積極的につくってきました。

健康指標一例(具体的課題より)

  2018年 2019年 2020年目標
BMI値25以上の占める割合 25% 24% 22%
喫煙率(問診データより) 32% 31% 29%
がん検診受診率・大腸がん 40% 70% 80%
がん検診受診率・婦人科健診 20% 20% 25%

対象 コクヨ、カウネット、コクヨマーケティング、コクヨロジテム、コクヨサプライロジスティクス

コクヨの健活!

「WEBウォーキング大会 健康チャレンジログ」を開催

社員一人一人が日々の運動歩数などを申告し、達成者には季節の果物がプレゼントされる、というキャンペーンです。「健康な身体づくり」を目指すきっかけとなることを目指しています。

  2018年 2019年 2020年目標
参加者 1,177名 1,283名 1,500名

健康診断を起点とした社員の健康づくり

2019年度も、健康診断を毎年欠かさず受診するメリットを改めて解説し、積極的な参加を求めました。健康診断では「定点チェック」はもちろん、その後の「事後措置」が大切です。健康管理スタッフによる早期対応・フォローにより、疾患の重篤化を防ぐべく、社員・会社・健康管理室・健康保険組合が一体となり、社員の心身の健康づくりに積極的に取り組んでいます。

「世界禁煙デー」「禁煙週間」に合わせて啓蒙活動を実施

日本たばこ産業株式会社(JT)が実施している全国喫煙者率調査とコクヨグループの喫煙者率を比較すると、特に男性は全国平均よりも”かなり高い”状態です。世界保健機構(WHO)が定める5月31日の「世界禁煙デー」と、厚生労働省が定める5月31日から6月6日までの「禁煙週間」に合わせて、コクヨグループでもこの期間に禁煙や受動喫煙防止の普及啓発を実施。喫煙者を対象に、受動喫煙による健康被害について情報を発信し、喫煙習慣を見直すとともに、非喫煙者の受動喫煙防止や吸い殻などの処理、服についた匂いなどへの心遣いを求めるなど、快適な職場づくりのために喫煙者・非喫煙者の相互理解を進めています。

体力測定イベント「Let’s Make a BODY! For 2020 Program」実施

健康経営に向けての取り組みの一環として、東京・大阪で体力測定イベントを実施しました。これは、株式会社アシックスが開発する「ASICS HEALTH CARE CHECK」を組み込んだコクヨ独自の体力測定プログラム「Let’s Make a BODY! For 2020 Program」で、東京2020をきっかけに展開しています。当日は、さまざまな年代から100名を超える参加者が集まりました。
今後も、健康診断や各種予防接種だけでなく、さまざまな取り組みを通じて社員の健康促進に向けた施策を予定しています。

体力測定の様子

体力測定の様子

メンタルヘルス対策

2016年より、法律に基づくストレスチェックと併せて「ES(社員満足度)」「コンプライアンス」の調査を『従業員サーベイ』として実施しています。
チェック後も、社員一人一人が気軽にセルフケアを受けることができる体制づくりのため、外部機関が運用するEAP(社員支援プログラム)も導入し社員自身の負担感への気付きを促し、早期に予防のサポートができる環境づくりを行っています。
また、このサーベイ結果を基に、メンタルヘルス対策として、職場改善活動(風通しの良い風土作り)等の取り組みを行っています。サーベイによる組織診断結果から組織ごとに「Red」「Yellow」「Green」の3段階に区分、「Red」を重点取組み部門として現場ディスカッションや研修会等の開催など、職場改善活動によるコミュニケーション活性化につなげ「Red」組織の減少を目指しています。

  2018年 2019年 2020年目標
Red組織比率 14.4% 11.9% 10%
ページトップへ