環境保全

法順守と汚染の予防

環境関連法規はもとより、当社が同意した業界などの指針及び自主基準を順守し、環境汚染の予防に努めています。

2017年の総括

コクヨグループでは現在、日本国内においては、28の環境法令が該当しています。毎年6月に各法令の順守評価を実施しています。

結果として法令違反となるような事象はありませんでした。ただ、部門によっては担当者交代による引継ぎ不足や順守評価を満たすための担当者の力量不足が散見されました。2018年は担当者の力量向上のための教育を実施していく予定です。

化学物質の適正管理

掲示パネルにて有害性・危険性を周知(コクヨ芝山工場)

掲示パネルにて有害性・危険性を周知
(コクヨ芝山工場)

コクヨグループでは、化学物質の適正な管理・取り扱いに努めています。

現在、平成28年6月より法改正施行された化学物質のリスクアセスメントの義務化に基づき、各事業所でのさらなる安全管理と環境改善に取り組んでいます。

たとえば芝山工場では、購入した塗料などのSDS(Safety Data Sheet:安全データシート)をデータベース化し、使用時の注意事項や関連法規制を記載し、取扱者が必要時に確認できるようにしています。

また、塗料などを扱う現場では「毒性・危険性」と「可燃性」を化学物質などの含有率からその注意度を青・黄・赤で色分けして記載したパネルを掲示し、取扱者が扱う際の注意を「見える化」することで事故の防止に努めています。

他事業所においても現場に応じた安全管理を実施しています。

化学物質管理研修を実施しています

化学物質の適正な管理のため、定期的に研修会を実施しています。

また、各事業所や工場で運営されている安全衛生委員会での年間計画には、安全な管理運用についても指針を明示し、継続的な活動として取り組んでいます。

各事業所で研修会を実施(コクヨ本社)

各事業所で研修会を実施
(コクヨ本社)

管理担当者同士で積極的なカイゼンコミュニケーション(コクヨ工業滋賀)

管理担当者同士で積極的なカイゼンコミュニケーション
(コクヨ工業滋賀)

年間計画にてリスクアセスメントの周知と活動を実施 (コクヨ芝山工場)

年間計画にてリスクアセスメントの周知と活動を実施
(コクヨ芝山工場)

適正な管理・取り扱いを励行(コクヨ本社)

適正な管理・取り扱いを励行
(コクヨ本社)

適正な管理・取り扱いを励行(コクヨMVP鳥取工場)

適正な管理・取り扱いを励行
(コクヨMVP鳥取工場)

適正な管理・取り扱いを励行(コクヨ三重工場)

適正な管理・取り扱いを励行
(コクヨ三重工場)

ワードバンク

カーソルを赤い下線が引かれている用語の上に合わせると、横に解説が表示されます。

使用例