社外からの評価

格付けや評価

評価名 発表時期 評価
第14回CSR企業ランキング
(東洋経済新報社)
2020年2月 総合順位 250位
CDP2019 2020年1月 気候変動 C (Awareness)
森林 B- (Management)
MSCI日本株女性活躍指数(WIN) 2019年12月 組入銘柄に選定
第1回日経「SDGs経営」調査
(日本経済新聞社)
2019年12月 偏差値:57.0
3.5/5段階中
第3回日経「スマートワーク経営」調査
(日本経済新聞社)
2019年11月 偏差値:59.3
3.5/5段階中
FTSE ESG Rating 2019 2019年9月 2.5(E:2.8 S:2.2 G:2.6)
MSCI ESG Rating 2019 2019年8月 A
SNAMサステナビリティ・インデックス
(東洋経済新報社)
2019年6月 総合スコア:175.6(E:60.1 S:59.1 G:56.4)
第22回環境経営度調査
(日本経済新聞社)
2019年5月 総合順位:132位(製造業)
スコア:405/500
S&P/JPXカーボン・エフィシェント指数 2019年3月 十分位数分類:10

CSR関連の受賞

「健康経営優良法人2020(ホワイト500)」に認定(2020年2月)

コクヨ株式会社と株式会社カウネットは、経済産業省と日本健康会議が共同で選出する「健康経営優良法人 2020(ホワイト500)」に、コクヨマーケティング株式会社が「健康経営優良法人2020(大規模法人部門)」に認定されました。
健康経営優良法人認定制度とは、特に優良な健康経営を実践している大企業や中小企業等の法人を顕彰する制度で、弊社は規模の大きい企業や医療法人等を対象とした「大規模法人部門」において認定されました。

  • ※健康経営は、NPO法人健康経営研究会の登録商標です。
健康経営優良法人2019(ホワイト500)

コクヨデザインアワードプロダクトPJが「メセナアワード2019」 優秀賞を受賞

コクヨが主催するデザインコンペティション「コクヨデザインアワード」の活動が、公益社団法人企業メセナ協議会主催の「メセナアワード2019」で、優秀賞「文具を超える文具賞」を受賞。11月20日に贈呈式が行われました。メセナアワードは、音楽・美術・文学・伝統芸能・建築・ファッション・ものづくりなど幅広いジャンルから、インパクト・社会との関与度・独自性・継続性などが審査されます。
今回の受賞は、「コクヨデザインアワード」の受賞作品を商品化するプロジェクトが「企業の資源を活用し、広く一般にアイデアを募集して新しい文具製品などへの挑戦の機会を作っていること」「時代に合わせたテーマを設け、既成の概念を超えた文具の枠にとらわれない商品の開発を試みていること」が評価されました。

優秀賞「文具を超える文具賞」を受賞

優秀賞「文具を超える文具賞」を受賞

リエデンプロジェクト第6回「生物多様性日本アワード」グランプリ受賞

9月26日、東京国際連合大学ウ・タント国際会議場にて開催された授賞式で、コクヨ工業滋賀のリエデンプロジェクトが、「生物多様性日本アワード」グランプリを受賞。この賞は、2009年の創設以来6回目を迎え、今回の応募は72件ありました。グランプリは「優秀賞」に選ばれた5団体のうち、特に傑出したプロジェクト1件に贈られるもので、生物多様性分野の環境賞としては国内最高峰です。
これまでもさまざまな評価を得てきたリエデンプロジェクトですが、これからも自然共生型社会づくりに向け、地域に根ざした 活動を継続、発信してまいります。

「グランプリ」を受賞

「グランプリ」を受賞

「ヨシでびわ湖を守る リエデンプロジェクト」青少年の体験活動推進企業表彰で「審査委員会 特別賞」受賞

2月20日、「ヨシでびわ湖を守るネットワーク」の10年間の活動が文部科学省にて表彰されました。この賞は、社会貢献活動の一環として青少年の体験活動に関する優れた取り組みを行う企業を表彰するもの。昨年6月の日本水大賞「経済産業大臣賞」受賞に続く受賞となりました。
コクヨ工業滋賀が主催する「ヨシでびわ湖を守るネットワーク」は、社内にとどまらず、広く地域社会の企業や学校、団体、行政に及び、ヨシ刈りや外来魚駆除釣り大会などを開催。琵琶湖周辺の豊かな自然の中で、親子の絆を深める実践活動を継続してきたことが評価されました。
これからもコクヨ工業滋賀、ひいてはコクヨの企業価値を全国で高めてコクヨファンを増やし、事業基盤を揺るぎないものとなるよう活動を継続してまいります。

受賞者全員で記念撮影

受賞者全員で記念撮影

結の森プロジェクトが「低炭素杯2019」優秀賞を受賞

「低炭素杯」は、全国の市民・企業・学校・自治体などが取り組む個性的な温暖化防止の活動を広く発表することにより、ノウハウや情報を共有し、さらなる活動に向けて連携や意欲を創出する「場」となることを目指しています。
2月8日、カルッツかわさきにて、応募総数1,425団体の中から、一次審査を通過した28団体のファイナリストによるプレゼンテーションが実施され、優秀賞盾が授与されました。結の森プロジェクトにとって、2017年「ウッドデザイン賞2017」、2018年「生物多様性アクション大賞2018 グリーンウェイブ賞」に続く、環境分野における3年連続の受賞となりました。

優秀賞盾授与

優秀賞盾授与

結の森プロジェクト「グッドライフアワード」環境大臣賞企業部門を受賞

「グッドライフアワード」は、環境に優しい社会の実現を目指し、日本各地で実践されている「環境と社会によい暮らし」に関わる活動や取り組みを紹介・表彰し、支援するためのプロジェクトです。今回は、過去最多となった243件からの受賞となり、「低炭素杯2019 優秀賞」に続く連続受賞を実現しました。11月30日には、受賞企業・団体によるプレゼンテーションと表彰式を実施。表彰式では、審査委員よりこれまでの活動への評価とともに、森林ビジネスにおけるコクヨの強いリーダーシップへの期待が語られました。今後も「環境と経済の好循環」を目指し、グッドライフな活動を継続します。

グッドライフアワード

芝山工場 千葉県労働基準協会連合会 会長表彰受賞

10月21日、千葉市民会館において千葉県産業安全衛生大会が開催され、芝山工場が千葉県労働基準協会連合会 会長表彰として「安全管理優良事業場賞」、さらに安全管理者に授与される「安全管理功績賞」を受賞しました。これは、芝山工場の安全衛生に対する取り組みや無災害記録が評価され、東金労働基準監督署、東金労働基準協会からの推薦により受賞したものです。
終わりのない安全衛生活動に対して全員参加で真摯に取り組み、これからも「安全力」を高め、安心して働ける職場づくりを目指します。

安全管理優良事業場賞

その他の受賞

「IFデザインアワード」で4製品が受賞

「iFデザインアワード」はドイツで 1953 年に創設された、半世紀以上の歴史を持つ世界的に権威あるデザイン賞です。2019年度は、世界50ヶ国から6400点以上の応募がありました。コクヨでは、360°グライディングチェアー「ing(イング)」、会議テーブル「CALM(カーム)」、コクヨデザインアワード2014年優秀賞受賞作「本当の定規」がプロダクトデザイン部門で、オフィス防災備蓄システム「PARTS-FIT」がパッケージデザイン部門で、それぞれ受賞しました。

「IFデザインアワード」で4製品が受賞

「グッドデザイン賞」で9製品が受賞

「グッドデザイン賞」は、日本デザイン振興会が1957年に創設、暮らしの質の向上と社会の課題やテーマの解決にデザインを活かすことを目的に、国内外の多くの企業や団体が参加する世界的なデザイン賞です。2019年度は、コクヨでは、ステーショナリーおよびファニチャーの9製品が受賞。中でも、プロダクトの要素としてみえてくる「色」を極限まで削ぎ落とし、キャスターに至るまで1つの色で統一した、ノイズのないシンプルなミーティングチェアー「Any(エニー)」は、「グッドデザイン・ベスト100」に選出されました。

グッドデザイン・ベスト100に選ばれたミーティングチェアー「Any(エニー)」

グッドデザイン・ベスト100に選ばれたミーティングチェアー「Any(エニー)」

「red dot award」で、オフィスチェアー「ing(イング)」が「best of the best」を受賞

「red dot award」は、1954年にドイツで設立されたアワードで、過去2年以内に製品化されたものを対象に革新性、機能性、人間工学、エコロジーなど9つの基準から審査されます。2019年度は、そのプロダクトデザイン部門において、体の動きに合わせて座面が前後左右360°自由に動くオフィスチェアー「ing(イング)」が特に優れたデザインに贈られる「best of the best賞」を受賞しました。

「red dot award」で、オフィスチェアー「ing(イング)」が「best of the best」を受賞

オフィスチェアー「ing(イング)」DIA銀賞を受賞

中国の国際デザイン賞である第4回「Design I ntelligence Award 2019」で、「ing」が銀賞を受賞。DIA賞には世界50か国7,000作品以上の応募があり、銀賞は上位12点に入ります。審査は3段階にわたり、最終審査は授賞式前日に上位22点の応募者が審査員に対してプレゼンテーションを行い、金・銀・銅各賞を決めるというもので、プレゼンテーションはネット配信番組で生中継され、200万人が視聴するという緊張感のなかで行われました。
今回さまざまな現地メディアで取り上げられたことで、製品だけではなく、コクヨの商品力や高いクリエィティブ性などをしっかりアピールできました。

オフィスチェアー「ing(イング)」DIA銀賞を受賞

コクヨの防災用品「PARTS-FIT」が国際デザイン賞「German Design Award 2020」 Gold(最優秀賞)を受賞

はたらく空間にフィットする防災用品シリーズである、オフィス防災備蓄システム「PARTS-FIT(パーツフィット)」が、ドイツデザイン評議会(The German Design Council) が主催するドイツの国際デザイン賞「German Design Award 2020」において、そのデザイン性の高さに加え防災という社会課題への解決力の高さが評価され、Gold(最優秀賞)を受賞しました。

German Design Award 2020

国誉商業が「安全生産賞」を受賞

3月4日、国誉商業(上海)は、上海市工業総合開発区開催の2019年経済会議に参加し、2018年度上海市工業総合開発区“安全生産賞”を受賞しました。
これは、国誉商業が常に、全社員に安全第一の意識を浸透させる努力をしてきた結果です。経済的貢献をしながら、社会的責任を真摯に履行してきた会社として評価された証拠とも言えます。
企業が健全に、長期的に発展する上で、安全は基礎的な部分。今後も、これまで以上に健康と安全に高い関心を保ちながら、安全生産管理能力を高めてまいります。

上海市工業総合開発区開催の2019年経済会議には、280社の企業から計450名が出席

上海市工業総合開発区開催の2019年経済会議には、280社の企業から計450名が出席

ページトップへ