こうして生まれたユニバーサルデザイン

定規誕生秘話 (1)

完成されたデザイン。改善すべきは目盛り。

定規。この透明で真っすぐな板に、いかにしてユニバーサルデザイン(以下UD)の魂を吹き込むか?
シンプルな商品だけに、開発担当の篠原勝さんは大いに知恵を絞ることになりました。形状を変えるわけにはいかない。となると、改善すべきUDのポイントとは?

定規開発者篠原勝さん

この定規って、商品としてはかなり前から売られていますよね。

そうです、企画したのは、もう9年ほど前のことになります。

じゃあ、UDの商品としてはごく初期のものということになりますね。

ええ、当時はUDとして商品をたくさん出して行こうという時期で、早く新製品に出来るものを探してたんですね。新しくデザインから起こす商品、いわゆる成型ものだと時間がかかる。で、定規なら新たに金型を作らなくてもいいだろうと。

あははは。そりゃ確かにそうですけど。

でもどうすればUDな定規になるのか、そこはアイデアがなければダメですから、まずは考えてみようということで知恵を絞りました。定規の何をもってUDとしようか、ということですね。ところがシンプルな商品だけに、これがかえって難しい。

開発担当の篠原勝さん

う~ん、定規ってある意味、デザインは完成されてるもんなあ。

そうなんです。私もまず形状をいろいろ考えてみたんですが、どうも決め手がない。これには困りました。

基本的に真っすぐな板状、というのは変えようがないですもんね。

で、考えに考えた結果、やっぱり定規は目盛りでしょ、ということに気が付いたんです。目盛りが読みにくい、という声は時々お客様からいただくことがありましたしね。誰もが読みやすい目盛り、これこそUDなんじゃないかと。

ユニバーサルデザインの定規
コンテンツリンク
UD商品の出来るまで フィットカーブ
プニョプニョピン ワンパッチスタンプ
UDレーザーポインター パラクルノ
エアロフィット 定規
JUST ONE  
ページトップへ