こうして生まれたユニバーサルデザイン

パラクルノ誕生秘話 (1)

どんなときでもめくりやすいノートを作りたい

それは上から降りてきた、実現困難な課題でした。村上智子さんたち開発スタッフは、一時はサジを投げかけます。
それでも、あちこちの工場や機械メーカーを訪ね歩き、苦労の末、ついにユニバーサルデザインのノート、『パラクルノ』の市販にこぎつけたのでした。

パラクルノ開発者村上智子さん

キャンパスノートといえば1975年発売と、すでに30年以上の歴史を誇る老舗ブランド。そのシリーズの中で、この『パラクルノ』はいつ発売されたんでしたっけ?

2004年のことですね。

それは、キャンパスノートの派生型として?

いえ、もともとパラクルノは、その2年前、2002年に行なわれた「コクヨデザインアワード2002ユニバーサルデザイン」の優秀賞受賞作品だったんです。

キャンパスノート

ノートがユニバーサルデザインの対象になったわけですか?

ノートって子供から大人まで誰もが使っている商品ですよね。でも、例えば指に油分がないときだとか、手や指に怪我をしているとき、とってもめくりにくくなるんですよ。それじゃあ、どんなときでもめくりやすいノートを作れないだろうか、というのがこの受賞作品のそもそものアイデアだったんです。

へえ、これがそのときの受賞作品、オリジナルですか。

こんな風に手作業で、ノートの端を斜めにカットしてるんですね。イメージとしては、お札を数えるときに扇形に開いて親指でパラパラッとやる、あの感覚ですね。

受賞作品のオリジナル

なるほど、ちょうど真ん中のページまで、カッターか何かで右端をカットしてあって、裏返すと今度は、最後のページから真ん中まで左端をカットしてあります。

で受賞してすぐ、上層部から開発部に「これを商品化せよ」と言う指令が来たのですが…。

それはそうでしょ、栄えある受賞作品ですもん。

難しいんです。

え?

ちょっとづつ、ずらしながら斜めにカットしていくだけでも難しいんですが、真ん中のページで対称的にカットの方向が逆になる「両面切り」でしょ。それが出来る製作工場が、見つからないんです。

パラクルノについて話す村上智子さん

そうか、それまでそんな需要はないですもんね。

いろんな工場を訪ね歩いて、そこから機械メーカーさんを紹介してもらって、また相談に行って。

やっと何とかなりそうだなと思ったら、今度はコスト面で全然折り合いがつかなかったり、すでにパテント(特許)で押さえられてたり…。

そりゃ大変だ。

もう、あきらめかけてたんですよ。ちょうど同じ頃、やはりデザインアワードを受賞した『カドケシ』の商品化が進んでまして、そちらのほうは割りと順調にいってたんです。こっちは、もう無理で~す、みたいな。

あはは。でも、それじゃ許されないでしょ?

そうなんですよ。やっとのことで、引き受けてくれる製本・加工会社を見つけたときはホッとしました。

コンテンツリンク
UD商品の出来るまで フィットカーブ
プニョプニョピン ワンパッチスタンプ
UDレーザーポインター パラクルノ
エアロフィット 定規
JUST ONE  
ページトップへ