こうして生まれたユニバーサルデザイン

プニョプニョピン誕生秘話 (1)

画びょうをもっと安心して、使える道具にしたい。

コクヨのユニバーサルデザイン商品群の中でも、可愛さでは一、二を争うプニョプニョピン。誰でも使う道具なのに、針が付いている「画びょう」を、いかに安全な商品にするか。それに挑んだ開発者・田中茂一さんのお話を聞いてみました。

プニョプニョピン開発者田中茂一さん

プニョプニョピンの開発って、
そもそもいつから始まったんでしょう?

あれは確か、1998年の夏ごろですね。

当時、もうユニバーサルデザインって
概念はあったのかしら?

いえいえ、まだ世の中ではあんまり認知されてませんでしたねえ。

だから、まずは「クリップだとか画びょうに、ユニバーサルデザインを取り入れたら、一体どんなものが出来上がるんだろう?」ってところから考え始めたんです。

つまり、今までの画びょうって、使ってるときにどんな不都合があるのか、そこから調べることにしたわけです。

画びょうの不都合な真実。

そしたら、「手や指に針が触れると痛い」だとか「靴の裏に刺さっちゃった!」だとか、いろんな声が上がってきた。

そもそも画びょうって、小学生の子供も使うし、おじいちゃん、おばあちゃんも使う。誰でも使う、慣れ親しんだ商品なのに、なんと針が付いてる道具なんです。

うん、考えようによっちゃ、ちょっと怖い。

となると、ユニバーサルデザインとしては、もっと安心して使える道具にしたいと、方向性としてはそうなってきたわけです。

改善すべき部分は、「針が常に露出していない」、そうして「刺したいときだけ針が出ている」というイメージだなと。でもそれだけじゃダメなんです。刺した画びょうは、抜くときは抜けやすくなきゃいけない。

そうか、あの画びょうのお尻って、爪が入りにくいんですよね。定規差し込んで抜こうとしたら、ぴょ~んと飛んでっちゃったりして。

それで落ちた拍子に、針が上を向いちゃう。そうすると靴の裏に刺さっちゃう。ね? 「抜きやすい」のと「落ちても針が上を向かない」こと、これも大事なポイントでしょ?

コンテンツリンク
UD商品の出来るまで フィットカーブ
プニョプニョピン ワンパッチスタンプ
UDレーザーポインター パラクルノ
エアロフィット 定規
JUST ONE  
ページトップへ