コクヨのユニバーサルデザイン

コクヨの「1つの原則」と「5つの視点」

ものづくりにやさしさを1つの原則と5つの視点から、「やさしさ」のあるものづくりを行います。

原則1 できるだけ多くの人にとって使いやすい
視点1 基本がしっかり

商品としての基本性能がしっかり保たれていること

視点2 五感でつたわる

文字・図形・音・カタチ・色…などを通じて情報がわかりやすいこと

視点3 安 全・安 心

使う時も使わない時も安全性が高いこと

視点4 使い方がわかる

操作方法がすぐわかること

視点5 ラクに使える

負担を感じることなくここちよく使えること

コンテンツリンク
ユニバーサルデザインとは? ロン・メイスの7原則
コクヨの「1つの原則」と「5つの視点」  
ページトップへ