• メッセージ
  • コクヨで描く夢と想い
  • プロジェクトの最前線
  • コクヨのこれまで
  • 事業展開
  • 映像で知るコクヨ
  • コクヨの仕事
  • 活躍する社員たち
  • コクヨでの働き方
  • 求める人物像
  • 選考プロセス
  • 募集要項
  • よくあるご質問

MENU

今は会社でどのような仕事をしているのですか?

主に空間を設計・デザインする部署に配属しています。最近ではオフィス設計の枠を超えて、倉庫を食堂へリノベーションするプロジェクトにも、設計・デザイナーの一人として参加しています。お客様のニーズや想いを図面やパース、模型などにまとめあげ、お客様と社内チームが一体になって良い空間を作るために日々、楽しみながら仕事をしています。

時には試行錯誤を繰り返し、時間と労力をかけることもありますが、できあがった空間でお客様や利用者の方々が喜んでくれたり、楽しんでくれたりする、そんな姿を目の当たりにしたときに、デザイナーとしての仕事のやりがいを感じます。

人物写真

就職活動時と今で、コクヨのイメージに違いはありますか?

就活以前の印象ではありますが、プロダクトメーカーという側面から、“コクヨの空間づくり”に対しては保守的なイメージがありました。しかし、入社してみるとオフィスの設計デザインにとどまらず、常に新しい空間づくりへ挑戦するパワーのある会社であると感じました。組織としてもそうですし、ここで仕事をしている先輩社員を見ていても思いますね。それと同時に、メーカーであることを強みに家具などのプロダクトはもちろん、空間も想いのままに作り出せる・提案できる社風をとても魅力的に感じています。

人物写真

人物写真

将来のビジョンや野望があれば教えてください。

一般的に、オフィスで働く人々は単純計算すると、24時間のうち9時間ほどオフィスで勤務することになります。つまり働く場をデザインすることは、人々の生活の約1/3をデザインすることにつながると思うのです。“働く場をデザインする”=“社会をデザインする”ということを目指し、コクヨの空間づくりを通して、人々を幸せにする新しい働き方やあっと驚かせるような新しい仕組みをつくるため、日々挑戦していきたいと考えています。

人物写真

MESSAGE / 学生のメッセージ

コクヨは、文具や家具といったプロダクト、さらにはオフィス構築や店舗・商業空間にも、ものづくりの輪を拡げる、他にはないとてもユニークな会社であると思います。プロダクトからスペースまで、扱う範囲が広すぎて混乱してしまうかもしれませんが、実現したいことに対して、それだけ多くの解答が出せる会社でもあることも強みの1つです。ものづくり、空間づくりを通して社会を変えていきたいと考える方と互いに刺激し合いながら一緒に仕事をしたいと思います。

Q 学生時代に頑張ったことは?
どんなことでも、まず挑戦し、楽しむこと
Q オススメのKOKUYO製品は?
CR-1
Q どんな人と働きたいですか?
“いいモノをつくること”をゴールにしている人
Q お休みの日は何をしていますか?
美術館、映画館などに行く
Q 学生と社会人はここがちがう!
職位、年齢、経験などが異なる方々と出会える数
Q KOKUYOの社員はどんな人が多いですか?
ものづくりへの情熱を持っている人
Q KOKUYOのここがすごい!
文具から家具・空間まで業務範囲が広く、その分無限に解答が出せるところ
Q 社会人になっても変わらないことは何ですか?
デザインや設計など、好きなことに対して、情熱を注げる環境や同じ想いを持った方々集まっているのは変わりありません。社会人になっても楽しみながら日々を送って行きたいです。

back

next

TOPへ