• メッセージ
  • コクヨで描く夢と想い
  • プロジェクトの最前線
  • コクヨのこれまで
  • 事業展開
  • 映像で知るコクヨ
  • コクヨの仕事
  • 活躍する社員たち
  • コクヨでの働き方
  • 求める人物像
  • 選考プロセス
  • 募集要項
  • よくあるご質問

MENU

今の仕事について教えてください。

5年ほど前に今の部門に異動して来ました。それまでは文具や紙製品の商品開発の仕事をしていました。 現在はマーケティング業務をしており、ファイルや紙製品以外の一般的な文房具の商品企画や販売企画を行う企画グループのグループリーダーを担当しています。扱う商品はシャープペンシルや消しゴムからランドセルまで数十アイテムで1000品番を越える幅広い分野になります。 その中から新製品企画を立案し、それをどうやって販売し、売上を担っていくのかを計画したり、既にある商品を活性化していくための販促に関する企画をしています。

また、リニューアルや新商品など商品戦略全般を計画・実行していく役割ですね。 長年仕事をしている中で、社会情勢も変化して顧客ニーズも変わってきていますが、根本にある「顧客視点でものづくりをする」という姿勢はずっと変わっていません。 私たちのグループ全員がこの「顧客視点」で物事を判断し、商品を担っている責任感と高い志、そして自らが楽しむ気持ちを持って仕事に取り組んでいます。

人物写真

商品企画の面白さは何ですか?

やはり自分で考えた企画が製品化されることが何より楽しいです。 「売れているよ」という営業からの声や、お客様の満足された声をいただけると、一層嬉しくなります。たくさんのお客様に喜んでいただける商品を作るのが一番のやりがいなのです。 しかし企画、製品開発の業務の中で一つ判断を間違えると、逆に多くの人に迷惑をかけてしまうこともあるので、大変責任のある仕事だとも言えます。そのようなことが起こらないよう、商品を生み出す過程で厳しい目でチェックしていかなければならないという責任も担っています。 新しい企画については、常日頃考えていて思い浮かんだネタやアイデアはすぐに書き留めてストックするようにしています。 企画は机に向かっているときだけじゃなく、家にいるときや買い物しているとき、テレビを見ているときにも思いつくものです。コクヨの商品は日常生活に紐づくものですからね。 また、私自身は実は不器用で面倒くさがりなんです。逆に自分が不器用だからこそ、便利な商品で解決したいし、既存商品への不満も見つけることができるのかもしれないと思っています。それが着想のきっかけになることが多いから、むしろ器用にならないように意識しています(笑)。

人物写真

人物写真

仕事と育児の両立について教えてください。

今は子どもも大きくなりましたが、当時は大変なことも多かったですよ。子どもが小さいときは夜泣きしたりして、「明日も早いのに勘弁して~」と思うこともありました。ですが、過ぎてしまえばそれも、まあいい思い出です。 仕事の両立という意味では、会社の上司や周りの社員の協力や理解があったからこそ、やってこれたので本当に感謝しています。子どもが熱を出て早く帰宅しなければならなくなったときも周りの人達にフォローしてもらいました。コクヨの場合は、子どもを産んでからも働いている人はたくさんいますので、相談したりアドバイスをもらったりできて心強かったです。 また、これは私たちの仕事ならではですが子供を通じて広がった世界で、いろんなタイプの人のマーケティングができるというメリットがあります。 ママさんネットワークを駆使して、新商品について意見をもらったり、子供たちにもモニターに参加してもらったり、ネーミングやデザインの感想を聞いたり、協力してもらっています。試作品を見てもらっているときの表情や反応で、この企画がいけそうかどうかの感触を得られたりもします。試作段階でも興味を持たれない商品は売れないですからね。子どもに商品化する前の試作品を渡して見向きもされないときは、「やばいな」って思ってました。

人物写真

MESSAGE / 学生のメッセージ

文房具が好き、家具が好きという人にきてほしいと思います。新しいことをコクヨでやりたい人がたくさんきてくれたらいいですね。 商品企画などに興味を持っていただける方はたくさんいると思いますが、企画にしてもマーケティングにしても販促にしても、モノづくりにしても、プロフェッショナルであるためには常に考え抜いて考え抜いて、よりよいものを作り続けないといけないし、自分の企画に誇りを持てないといけません。厳しくてもやり抜くために、だからこそ、「商品を好き!」と思える人に来てほしいと私は思います。

Q 学生時代に頑張ったことは?
受験勉強
Q オススメのKOKUYO製品は?
パワーラッチキス、ランドセル、鉛筆シャープ、NOVITAシリーズ
Q どんな人と働きたいですか?
ユーモアのある人
Q お休みの日は何をしていますか?
1週間分の掃除、爆睡、コンサート・観劇、ウォーキング
Q 学生と社会人はここがちがう!
学生のときは自分のやりたいことが優先される。社会人はやるべきことが優先。
Q KOKUYOの社員はどんな人が多いですか?
親切で優しい人が多い
Q KOKUYOのここがすごい!
やっぱり商品開発力
Q 社会人になっても変わらないことは何ですか?
ちょっとだけ型破りなところ

back

next

TOPへ