• メッセージ
  • コクヨで描く夢と想い
  • プロジェクトの最前線
  • コクヨのこれまで
  • 事業展開
  • 映像で知るコクヨ
  • コクヨの仕事
  • 活躍する社員たち
  • コクヨでの働き方
  • 求める人物像
  • 選考プロセス
  • 募集要項
  • よくあるご質問

MENU

今の仕事のやりがいや大変なところはどのような所ですか?

「仕事の成果を実感しやすいことと、感謝していただけること」です。
生産技術グループには工場の設備に関するあらゆる業務があります。
例えば、故障していた機械を直して無事に生産を再開できたときなどは、自分の仕事の成果をはっきりと実感でき、そしてたくさんの方々に感謝されます。こうした経験が、自分のモチベーションに繋がっています。

仕事で大変なことは、設備の稼動状況に合わせて仕事をしなければならないこと。休日や長期連休に出勤することも少なくありません。特に需要期は生産が多くなるため設備を止めることができず、仕事の日程調整が大変です。しかし、これだけの多くの製品を買ってくださるお客様とそれを売ってくれている営業がいる、ということを考えると、大変さよりやりがいが上回ります。

人物写真

女性ならではの働き方の違いや苦労したことはありますか?

生産技術グループ初の女性ということで、男性に負けじとがむしゃらに努力し、ある程度業務はこなせるようになりました。しかし、どうしても体力的に追いつかない部分があり、もどかしい思いをすることもあります。また逆に、私にできる仕事でも「オレがやってやる!」とやってくださることも多くあります。厚意でやってくださっていることに対して感謝しつつも、自分でやってみたいと思う気持ちもある、というありがたい悩みもあります。
配属当初は社内外問わず多くの人から「女性なのになぜ生産技術なの?」という質問を受けました。確かに男性には追いつけない部分もあるとは思いますが、逆に女性にしかできないことも見つけつつ、立派に生産技術の業務ができることを必ず証明してやる、という思いで日々業務にあたっています。

人物写真

人物写真

ずばり職場の雰囲気は?

三重工場は上司と部下との間の風通しがよいのが特長です。
工場長は時間があれば工場内を歩いてまわって声をかけ、作業者の意見によく耳を傾けています。そのため工場長ともコミュニケーションを取れる機会が非常に多いです。
他の上司も必ず部下の報・連・相に親身になって対応してくださるので、仕事に対するモチベーションも上がります。不安全行動やルール違反などに対しては容赦なく叱りますが、これも「その人のため」という愛情が込められているなと思います。 また福利厚生の一環で、複数部署の人同士で行う飲み会やイベントに助成金が出る制度があります。この制度が始まって以来、今まで話したことがほとんどなかった人とのつながりもでき、ますます風通しのよい職場になってきたと感じます。

人物写真

MESSAGE / 学生のメッセージ

私が就職活動を始めるまで、コクヨは機械工学とは無縁だと思っていたので、入社するなんて考えてもいませんでした。ところが就職活動中に芽生えたコクヨへの親近感・いごこちのよさは、他社ではなかなか感じることがなく、そのまま入社を決めました。それは入社した今でも変わることなく、充実したハッピーな日々を過ごしています。
就職活動はこれからの人生のスタート地点です。皆さんもぜひ自分に合う会社を見つけてください。これは非常に手間のかかることですが、いい会社に出会えると必ず自分の人生もハッピーになります。どうか皆さんの人生もハッピーになりますように!

Q 学生時代に頑張ったことは?
部活。マンドリンという楽器をやっていました。
Q オススメのKOKUYO製品は?
marimba(イス)、パラクルノ(ノート)
Q どんな人と働きたいですか?
本音でぶつかってきてくれる人
Q お休みの日は何をしていますか?
ドライブ、旅行、ショッピング
Q 学生と社会人はここがちがう!
責任感
Q KOKUYOの社員はどんな人が多いですか?
個人の意見をしっかりと聞き入れてくれる人
Q KOKUYOのここがすごい!
社員に優しいところ
Q 社会人になっても変わらないことは何ですか?
片付けが苦手なこと

back

next

TOPへ