• メッセージ
  • コクヨで描く夢と想い
  • プロジェクトの最前線
  • コクヨのこれまで
  • 事業展開
  • 映像で知るコクヨ
  • コクヨの仕事
  • 活躍する社員たち
  • コクヨでの働き方
  • 求める人物像
  • 選考プロセス
  • 募集要項
  • よくあるご質問

MENU

今は会社でどのような仕事をしているのですか?

グルー(のり、接着剤)関連商品の企画開発を担当しています。具体的な商品としては、「スティックのり」、「テープのり」、「瞬間接着剤」などになります。それらのカテゴリの新たなアイデアの商品企画をしたり、市場性を調べるマーケティング業務、その企画を実現に向けて具現化(技術開発・設計・デザイン)していく業務、そして最終的に生産を終えるまでの企画~発売にいたるまでの様々な業務をしています。

しかし、全てが一人で出来ることではありませんので、社内及び社外のパートナーのそれぞれの業務のプロの人たちを交えながら一つの商品をプロジェクト的に創り上げる、その一連の業務のプロデューサー的役割を開発が担っています。

人物写真

コクヨのものづくりの特徴を教えてください。

コクヨのものづくりは顧客志向で徹底的にお客様に訊きます。開発が作りたいものではなく、お客様が欲しいものをお客様に訊きながら具体化していきます。商品化までの間では、その商品は「誰にちょうどいいのか?」「何がちょうどいいのか?」ということを考え抜いて一つの商品が出来上がります。この「誰にちょうどいい?」「何がちょうどいい?」という言葉が社内では合言葉のようになっており、この考え方がコクヨのものづくりの特徴ではないかと思います。その中で開発の一番のやりがいは、企画~発売にいたるまでの全ての工程を自分自身が中心になってできるということです。技術開発、設計、デザイン、それぞれ専任がいる企業も多くあると思いますが、コクヨのものづくりは全てができます。さらに、その中で自分の強みを発揮できることはとことん深堀でき、この全てを担いながら深堀もできるという開発がやりがいになっています。

人物写真

人物写真

学生時代に学んだ化学系の知識をどのように仕事に活かせましたか?

正直本当にコクヨで「化学系」のスキルが活かせるのか不安に思ったことは事実です。 当時、そんなに化学系の商品は目立っておらず、コクヨに高い技術があった訳ではありませんでした。しかし、これから粘接着系の商品に一から力を入れていきたいということで、「これはチャンスだ」と思って、入社を決意しました。 ただ、入社して気づいたことは学生時代のときの知識を、ずばりそのまま活用していくというよりも、基本的な部分を理解していれば問題ないのかと思います。どちらかといえば、知識というより日常の仕事の中で化学式が出てきても違和感なく取り組めるかなどの方が重要ですね。研究開発における専門領域に飛び込む耐性とか、抵抗なく化学に入り込める点が学生時代に化学系を専攻していてよかったところかもしれません。 また具体的に活かせた点で言うと、付加価値のある接着剤を実現するために、材料の基礎研究から、どうやったら接着力を損なわずに実現したい機能を付加できるかなど、様々な材料を配合したりするところなどで知識や経験は活かせているかなと思います。 開発者の多くは機械系出身ですが、うちの部門では化学系の専門知識も活かせますので、化学系の分野の方は是非お待ちしています。

人物写真

MESSAGE / 学生のメッセージ

私が就職活動をしていたときは、色々と答えに悩んだことが多かったです。でも結論としてベストな選択の正解はないなと思いました。結局重要なのは、自分自身が納得するかどうか。だからこそ一生懸命考え抜いて、頑張って欲しいなと思います。 しかし一番大切なのは、その後自分がどういう気持ちでどのように仕事に取り組むかの姿勢の方が大事だと自分自身感じています。今私自身はコクヨが大好きで、仕事が大好きで、毎日仕事がしたくて仕方ありません。それは周囲に恵まれていることもありますが、自分自身が今の仕事を天職だと思えるかどうかな気がします。学生の皆さん、今を楽しんで一生懸命努力してください。そして、少しでもコクヨに興味がわいて、縁があれば一緒に働きましょう。

Q 学生時代に頑張ったことは?
バスケット、塾講師のアルバイト、遊びぬくこと
Q オススメのKOKUYO製品は?
ドットライナー、レッドテック
Q どんな人と働きたいですか?
知識やスキルは二の次、とにかくがむしゃらにやる気溢れる人
Q お休みの日は何をしていますか?
フットサル
Q 学生と社会人はここがちがう!
毎朝同じ時間に起きる
Q KOKUYOの社員はどんな人が多いですか?
仕事に真面目な人が多いと思います。
Q KOKUYOのここがすごい!
やりたいことをやらせてくれる土俵をつくってくれること。
Q 社会人になっても変わらないことは何ですか?
遊び心を常に持つ。仕事も勉強も遊びも全力でやる。最高のアウトプットをするための事前準備。

back

next

TOPへ