• メッセージ
  • コクヨで描く夢と想い
  • プロジェクトの最前線
  • コクヨのこれまで
  • 事業展開
  • 映像で知るコクヨ
  • コクヨの仕事
  • 活躍する社員たち
  • コクヨでの働き方
  • 求める人物像
  • 選考プロセス
  • 募集要項
  • よくあるご質問

MENU

今の仕事のやりがいや大変なところはどのような所ですか?

自分の設計した製品が世に出たとき。やりがいはこれに尽きます。私が行っている業務はオフィス用デスクの詳細設計です。商品のコストを決める、形を決める、作り方を決めるのが私の仕事。会社の利益にも直結するような業務を日々行い、また経験を積むにつれて、どんどん難しい仕事を任されるようになってきました。

他部署との連携が不可欠ですが、別の部署の人まで巻き込んで仕事をすることはとても大変で、また、基本的には自分が中心となって動かなければならない分、大きなパワーが必要です。しかし、チームとなって皆で動くことで、より難しい課題を解決することもでき、また製品が完成したときの喜びを他部署の皆と分かち合うことができる、とてもやりがいのある仕事だなと思っています。

人物写真

希望の職種に配属されましたか?

私は当初、商品開発を希望していました。将来はものづくりに携わりたい、自分で生み出した商品を世に広めたいと思い、就職活動中は技術系の、特に商品の魅力の大きい製品を扱っている会社を探しました。コクヨの作る文房具や家具は、商品の力で勉強の仕方を変える、働き方を変える、といった私の想像を超える製品を生み出し続けており、私もこんな製品を生み出してみたい!と思い志望しました。いざ入ってみると、希望としていた開発の部署ではなく、製造現場により近い、詳細設計という仕事に配属されました。希望とは違い、また初めは良く分からない仕事でしたが、より現場に近い部署でものづくりに触れることができ、自分の描いた図面がすぐに形になっていく様子は、感動すら覚え、日に日に業務が楽しくなっていきました。希望の配属先とはいきませんでしたが、学ぶことも多く、そして生み出される製品を近くで見られる詳細設計という業務に、今はやりがいを感じますし、満足しています。

人物写真

人物写真

入社前と入社後のギャップを教えてください。

会社に入る前と入った後で、一番違うな、と思うことは会社を背負うという責任感です。学生の頃は、責任などという言葉とはほとんど無縁であり、何をしても結局は自分に降りかかるから、自業自得だから、という感じで責任という言葉を軽く考えて生きてきました。ただし、会社に入ってからはこの責任という言葉がとても重くなりました。失敗は許されず、失敗してしまうと、自分に不都合がかかるばかりか、自分の部署に、時には会社全体に不利益が生じてしまうこともあります。毎日緊張感を持って仕事をするようになり、その雰囲気に慣れることに苦労しました。その分学生の頃よりも、何かを成し遂げた時の達成感はより大きいものになりました。今でも失敗することは多々ありますが、チームの皆からフォローしてもらったり、時には私も誰かのフォローすることで、一緒に何かを目指すという仲間意識もとても強くなりました。

人物写真

MESSAGE / 学生のメッセージ

できるだけ沢山の会社を見てください。就職活動はある意味、受験よりも重要。人生の半分を、入った会社で過ごすことになるのです。自分のやりたい事、将来どんな人間になりたいか、など会社を選ぶ基準は無限にあります。ですが自分の知っている会社だけでそれを決めてしまうと範囲は急に狭まってしまいます。就職活動生の特権は色々な会社を好きなだけ見られることです。知らない会社も沢山調べ、足を運ぶことで、こんな会社もあるんだ、こんな仕事もあるんだ、あっちの会社がいいと思っていたけど、ここの方が良い会社かも!といった、様々な見方が増えていくでしょう。そうやって選んだ会社はきっと満足できる環境になると思います。学生の皆さん、頑張ってください!

Q 学生時代に頑張ったことは?
塾講師のアルバイト。自分の勉強よりも熱心になりました!
Q オススメのKOKUYO製品は?
キャンパスノート!社会人になった今でも使っています!
Q どんな人と働きたいですか?
コミュニケーションをたくさんとってくれる人
Q お休みの日は何をしていますか?
社会人サークルで趣味のバドミントン
Q 学生と社会人はここがちがう!
納期に厳しい!
Q KOKUYOの社員はどんな人が多いですか?
明るい人、面白い人
Q KOKUYOのここがすごい!
若手社員に熱心に指導をしてくれる人が多い!
Q 社会人になっても変わらないことは何ですか?
日曜日の夜の憂鬱さ。

back

next

TOPへ