新開発のオリジナル原紙を採用した「ジブン手帳」2020年版を発売

~気軽にライフログをはじめられる「ジブン手帳Lite mini」も新登場~

発表日:2019/07/08


コクヨ株式会社(本社:大阪市/社長:黒田 英邦)は、新たに開発されたオリジナル原紙「THIN PAPER」を採用したライフログ手帳「ジブン手帳」シリーズの2020年版を、9月上旬より順次発売します。

大手広告代理店のクリエイター・佐久間英彰氏がページ制作を監修した「ジブン手帳」は、一年で終わりではなく「一生つかえる」手帳をコンセプトに、自分や家族の長期記録を残すライフログ帳「LIFE」、24時間軸で日々の予定や記録を書き綴る「DIARY」、アイデアを書き記す「IDEA」の3分冊からなる新しいスタイルの手帳です。2013年版から当社で販売を開始し、毎年大変好評をいただいています。

筆記量が多く、紙にもこだわるライフログ手帳ユーザーの要望に応え、オリジナル原紙「THIN PAPER」を新たに開発しました。新原紙を採用するのは、「ジブン手帳」「ジブン手帳mini」の手帳本体である「DIARY」、2020年版の新製品「ジブン手帳Lite mini」と、別冊のメモ帳「IDEA」です。従来の紙の軽さは維持しながら、紙の強度を高めるとともに、水性ゲルインクでも裏うつりしにくく、消せるペンのラバーでこすっても表面が波打ちしにくくなりました。

2020年版のラインアップは、パール感を持たせた上品なパステルカラーの新色や、ライフログ手帳を気軽に始めたい方向けの「ジブン手帳Lite mini」を新たに加えた、全29品番です。また、「ジブン手帳」がさらに使いやすくなる周辺文具シリーズ「ジブン手帳Goods」からは、「ジブン手帳Biz」用のインデックスシールが新たに登場します。手帳本体と組み合わせることで、目的のページにアクセスしやすくなります。

写真:(左)「ジブン手帳」2020年版、(右)「ジブン手帳Lite mini」2020年版
写真:(左)「ジブン手帳」2020年版、(右)「ジブン手帳Lite mini」2020年版


○発売予定:2019年9月上旬より順次(※新原紙の「IDEA」は7月中旬頃より出荷します)
○メーカー希望小売価格(消費税抜):ジブン手帳 2,200円~3,800円、ジブン手帳Goods 480円~1,100円
○年間販売目標 :5.9億円
 商品の詳細は、下記ホームページをご確認ください。
 http://kokuyo.jp/pr/jibun/
※赤文字について
  新原紙「IDEA」出荷時期について、誤りがありましたので削除いたします。
  つつしんでお詫びし、訂正いたします。(2019年7月11日)

ペールカラーカバーが新登場


「ジブン手帳2020(DIARY)」「ジブン手帳 mini 2020(DIARY)」に、柔らかく落ち着きのあるペールトーンのカバーが新登場。


「ジブン手帳Lite mini」が新登場


ライフログ系の手帳は記入スペースが多くハードルが高いと感じるユーザー向けに、自分の必要な項目に絞って記入することができるエントリーモデルをご用意しました。(※「LIFE」「IDEA」を差し込むことはできません)


「ジブン手帳Goods」より「ジブン手帳Biz」用のインデックスシールが新登場

写真:インデックスシール(左)レギュラー用、(右)Biz用
写真:インデックスシール(左)レギュラー用、(右)Biz用
「DIARY」の色使いに合わせた従来のラインアップに加え、「Biz」と一緒に使いやすい落ち着いた色使いのバリエーションがラインアップに加わりました。失敗しても貼り直しが可能な再剥離タイプの糊を採用し、手帳カバーからはみ出しにくいサイズ感になりました。


フォントを見やすくリニューアル


2020年版より、「DIARY」と「LIFE」のフォントを変更。よりすっきりとしたデザインになりました。