~コンパクトなフォルムと安定感のある座り心地~

スタジアムチェアー「Centura(センチュラ)」を発売

~国立競技場へ納品~

発表日:2020/01/17

記載の内容は発表時のものです。

このページを印刷
コクヨ株式会社(本社:大阪市/社長:黒田 英邦)は、コンパクトなフォルムとフレキシブルなレールシステムが特長のスタジアムチェアー「Centura(センチュラ)」を、2020年1月中旬から発売します。

今回発売する「Centura」は、奥行きが少なく、コンパクトなフォルムでありながら、安定感のある座り心地を実現したスタジアムチェアーです。脚部の位置に制約を受けないレールシステムを採用することで、自由度の高いレイアウト設計が可能です。またカラーバリエーションは17色あり、スタジアムに様々な彩りを演出できます。

なお、当社「Centura」は、2020年1月1日に正式オープンされた国立競技場(観客席数約6万席)に、納品(※)しました。
※納品は国立競技場向けの特別仕様品です。当社が一般販売する標準品とは異なります。



写真:(左から)スタジアムチェアー「Centura」(標準品)の座面「開」、「閉」の使用イメージ


○発売予定:2020年1月中旬
○メーカー希望小売価格(本体税抜価格):工事単位ごとにお見積もり
○年間販売目標:10億円

スタジアムチェアー「Centura(センチュラ)」の特長


1.コンパクトなフォルム


写真:座面を閉じたイメージ(標準品)
写真:座面を閉じたイメージ(標準品)
座を畳むと奥行きは235mmで、広い有効(避難)通路幅を確保できます。コンパクトでありながら、安定感のある座り心地を実現しました。


2.フレキシブルなレールシステム


写真:レールシステムのイメージ(標準品)
写真:レールシステムのイメージ(標準品)
脚部の位置に制約を受けないレールシステムを採用することで、イス本体のワイド方向のピッチは自由度の高いレイアウト設計が可能です。
また、肘などのオプション取付けも可能です。


3.豊富なカラーバリエーション


カラーバリエーションは17色あり、スタジアムに様々な彩りを演出できます。

※本記載の商品外観や仕様等は、予告なく変更する可能性がございます。あらかじめご了承ください。


【お問い合わせ先】
コクヨお客様相談室; 0120-201-594

ページトップへ