企業間取引支援「@Tovas」の活用事例が第13回「ASPIC IoT ・ AI・クラウドアワード 2019 」でユーザ部門総合グランプリを受賞

発表日:2019/11/13

記載の内容は発表時のものです。

このページを印刷
特定非営利活動法人ASP ・ SaaS ・ IoT クラウド コンソーシアム(略称: ASPIC /東京都品川区/会長:河合 輝次)が主催する第13回「 ASPIC IoT ・ AI ・クラウドアワード 2019 」のユーザ部門において、コクヨ株式会社(本社:大阪市/社長:黒田 英邦)が提供する企業間取引支援クラウドサービス「 @Tovas(あっととばす)」を活用したオザックス株式会社様の事例が「総合グランプリ」に選定されましたので、お知らせします。

ユーザ部門<総合グランプリ>
オザックス株式会社様 /利用サービス名「@Tovas(あっととばす) 」
データ活用が今後の事業成長に不可欠と判断し、その第一歩として紙の業務(請求書などの取引関連書類)の電子化に着手し、従来紙で行っていた発送業務を「@Tovas 」を活用し大幅に電子化しています。これにより、コスト削減の実現や働き方改革を推進し、本来業務へのウエイトを高くし、生産性向上と経費削減の両立を実現しました。これらのクラウドサービスの利活用による経営革新、業務改革の成果が評価され、今回の受賞につながりました。

<ご参考>


・第13回 「 ASPIC IoT ・ AI ・クラウドアワード 2019」について
第13 回 ASPIC アワードは日本国内で優秀かつ社会に有益なクラウドサービスに対し、総務大臣賞、他各賞の表彰が行われます。これにより、クラウド事業者及びユーザ企業の事業拡大を支援し、クラウドサービスが社会情報基盤として発展・確立することの一助になることを目的としています。 エントリー部門は、 ASP ・SaaS 部門、 IaaS ・ PaaS 部門、 IoT 部門、 AI 部門、データセンター部門、ユーザ部門の 6 部門に分かれており、第 13回となる今回も多数の応募の中からグランプリおよび各賞が決定しました。

・「特定 非営利活動法人 ASP ・ SaaS ・ IoT クラウド コンソーシアム」( ASPIC )について
ASPICは、広く一般に対して、様々な分野でインターネットを通して ASP (※注)の普及・推進に関する事業を行い、日本の情報技術の革新に寄与することを目的に、 1999 年に創立された団体です。
(※注)ASP とは Application Service Provider (アプリケーション・サービス・プロバイダ)の略称であり、ネットワークを含めた情報技術を、誰もが、何処からでも、何時でも、どのような電子機器でも利用できる環境を提供し、様々な事業活動の効率とスピードを高めることのできるコンピュータの利用形態です。なお SaaS 、 IoT 及びクラウドは ASP と同一の利用形態です。

・オザックス株式会社 様について(https://www.ozax.co.jp/)
代表取締役会長兼社長 尾﨑豊弘
創業 : 1910 年(明治43年) 9月
社員数: 280 名( 2019 年現在)
本社 :東京都千代田区内神田 1-5-1
生活産業品の生産・加工・販売、合成樹脂原料の販売、洋紙・板紙・紙二次製品及びパルプの販売、食品の販売、上記に関する輸入

・企業間取引支援サービス「@Tovas」について(https://www.attovas.com/)
請求書や注文書などの帳票データ(PDF,CSV等)を送信するクラウドサービスです。
@Tovasをご利用いただくと、通常の電子メールの感覚で重要なビジネス電子文書や電子データを「WEB」「FAX」「郵送」で安全・簡単・確実に相手先に送信することが可能になります。また同時に、情報トレーサビリティを実現し、送った送ってない、言った言わない、着いた着いていないを防止いたします。

【お問い合わせ先】
コクヨお客様相談室; 0120-201-594

ページトップへ