コクヨ、東京2020組織委員会に
大会ボランティア8万名分の「Field Castノート」を提供

~東京2020大会オフィシャルサポーター(オフィス家具&文具)として大会を応援します!~

発表日:2019/10/04

記載の内容は発表時のものです。

このページを印刷
東京2020オリンピック・パラリンピックオフィシャルサポーターである、コクヨ株式会社(本社:大阪市/社長 黒田英邦)は10月4日、東京2020組織委員会に大会ボランティア8万名分のキャンパスノートをもとにした「Field Castノート」を提供します。

コクヨは「東京の、新しいページをひらこう。」というメッセージを掲げ、東京2020大会の開催をきっかけに、新しい変化を起こす人を応援しています。コクヨのロングセラー商品であるキャンパスノートを「Filed Cast ノート」として提供することで、大会ボランティアを通してひらく新しいページに、書き留めた言葉や思い出を、一人一人のレガシーとして、東京2020のその先へ…と続いていくことを期待しています。

今回提供する「Field Castノート」は、A5サイズのキャンパスノートをもとに、東京2020大会エンブレムをあしらった組織委員会のオリジナルデザイン。ボランティアの自己紹介ツールとなることを想定したこのノートは、長く親しまれてきた「Campus」ロゴと、大会ボランティアの正式呼称である「Field Cast」を記すことで、東京2020大会、そして大会ボランティアを全力でサポートしていきたいというコクヨの想いを表現しました。活動記録や、ボランティアに必要な情報を書き留めやすいドット入り罫線を採用しています。

”新しい変化を起こす人を応援する”コクヨは、東京2020オリンピック・パラリンピックを全力でサポートしてまいります。

「Field Cast ノート」表紙、中面
「Field Cast ノート」表紙、中面


〇東京2020大会パートナーインタビュー 『コクヨ「東京の、新しいページをひらく」ノートで価値創出を』
https://tokyo2020.org/jp/news/sponsor/20191004-01.html

「東京の、新しいページをひらこう。」特設ページについて



https://www.kokuyo.co.jp/tokyo2020

<メッセージ>
東京の、新しいページをひらこう。

オリンピックとパラリンピックは、
この世界に、驚きと変化をもたらしてくれる。
「なんだってできる気がする」という可能性の扉を、
新しいページを、ひらいてくれるのです。

コクヨは、いつだって新しい変化を起こす人を応援する者として、
クリエイティビティを解き放つ道具と共に、
東京2020大会を全力でサポートします。

そして、まなざしは2020年のその先へも向けて。
未来への真新しいページを、ひらきつづけます。


<スペシャルムービーについて>
「東京の、あたらしいページをひらこう。」のメッセージに基づき、日常的に親まれてきたコクヨのキャンパスノートと誰でも描ける単純な線を用いて、ページをひらくことで始まるストーリーを製作しました。
ノートに線を描くと、競技場となり、線で描いた人々が動き出し、スポーツがはじまる。あたらしいページをひらく度に、様々な競技が沸き起こり、東京2020大会の活況を表現しています。


東京2020大会をきっかけに、人々が創造性を発揮し、東京が次の歴史を歩みはじめるとき、ノートのような小さな存在のものからでも、全力でサポートしていきたいというコクヨの想いを込めています。

・アートディレクション
コクヨクリエイティブセンター 佐々木拓・金井あき


【お問い合わせ先】
コクヨお客様相談室;0120-201-594

ページトップへ