子どもが自ら家庭学習するようになったと答えた親、約8割

かきたくなる。ほめたくなる。
コクヨのIoT文具「しゅくだいやる気ペン」

~ 夏休みの宿題、家庭学習をサポート ~

発表日:2019/07/11

記載の内容は発表時のものです。

このページを印刷
コクヨ株式会社(本社:大阪市/社長:黒田 英邦)は、小学校低~中学年向けに、いつもの鉛筆に取り付け、勉強への取り組みを分析することで、日々の努力を“見える化”するIoT文具「しゅくだいやる気ペン」を7月17日(水)より発売いたします。

写真:「しゅくだいやる気ペン」
写真:「しゅくだいやる気ペン」


「しゅくだいやる気ペン」は、市販の鉛筆に取り付け、専用のスマートフォンアプリと連動させることで、勉強への取り組みを「やる気パワー」として“見える化”します。溜まった「やる気パワー」に応じてLEDの色が変化、またアプリ内のキャラクターが力を得て、すごろく形式の「やる気の庭」を進みます。全18ステージで様々なアイテムを収集でき、子どもがついついやりたくなる仕様になっています。同時に、保護者にとっては子どもの努力をカレンダーやグラフとしてひと目で確認でき、褒めるポイントを発見しやすくなっています。

「しゅくだいやる気ペン」は、子どもには家庭学習に取りかかりやすく、保護者には褒めやすくするきっかけを与え、親子の円滑なコミュニケーションを通して「やる気」を育む商品として、2016年より企画開発をスタートしました。事前モニター調査では、実際に「子どもが自ら家庭学習をするようになった」が約8割、「子どもをほめる回数が増えた」が約9割と、子どもの学習を応援することができる製品に仕上がっています。

○発売予定:2019年7月17日(水)
○販売場所:コクヨ公式オンラインショップ「コクヨショーケース」でのみ販売
○販売価格(消費税抜):4,980円   
○専用アプリ【 iOS版のみ】:無料
○年間販売目標 : 1億円
○商品サイト URL:https://www.kokuyo-st.co.jp/stationery/yarukipen/

【デバイス概要】


「しゅくだいやる気ペン」は、市販の鉛筆(適合目安:六角形・軸径7〜8mm)に取り付けるだけで使用できます。加速度センサーによる測定データを、ペンを手に持って勉強に取り組むことで溜まる「やる気パワー」として記録。LEDの色変化として“見える化”します。データは本体内のメモリーに保存され、使用後にブルートゥースでスマートフォンと通信し、アプリと連動します(iOS 11以上のiPhone、iPadに対応)。

【アプリ概要】


子どもが楽しめるだけでなく、親子で日々の積み重ね・達成感を感じられるコンテンツです。
①「やる気パワー」の量に応じて「やる気の木」が成長。すごろく形式のステージを進み、アイテムを獲得。
②カレンダーやグラフで、ひと目で日々のがんばりが分かります。




【事前モニター調査結果】


期間:2019年6月2日~6月16日 調査機関:株式会社LITALICO
モニター/事後アンケート参加者:86名 (「Conobie」及び「LITALICO発達ナビ」のコラムから、ご応募いただいた小学校1年生〜4年生のお子さまと保護者さま)

①「しゅくだいやる気ペン」によって「子どもが自ら家庭学習するようになった」と答えた人は約8割
②「しゅくだいやる気ペン」によって「実際に子どもをほめる回数が増えた」と答えた人は約9割
*回答項目の「その他」は、どちらとも言えない、あまりそう思わない、そう思わない、が含まれています。




※IOSの商標は、米国Ciscoの米国およびその他の国のライセンスに基づき使用されています。
※iPad、iPhoneは、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。iPhoneの商標は、アイホン株式会社のライセンスにもとづき使用されています。

【お問い合わせ先】
コクヨお客様相談室; 0120-201-594
コクヨホームページ;  https://www.kokuyo.co.jp/

ページトップへ