~テーマは「 BEYOND BOUNDARIES 」~

「コクヨデザインアワード2018」の受賞作品が決定

発表日:2019/01/18

記載の内容は発表時のものです。

このページを印刷
コクヨ株式会社(本社:大阪市/社長:黒田 英邦)は、使う人の視点で優れた商品デザインを、広く一般ユーザーから集めて商品化をめざすコンペティション「コクヨデザインアワード2018」(作品応募期間:2018年6月22日~8月31日)で、国内外から応募された合計1,289点(国内:766点、海外:523点)を審査した結果、1月18日(金)に、受賞作品計 4作品を決定しましたので、お知らせします。

コクヨデザインアワードは、顧客起点でのモノづくりをより強化することを目的に、2002年(平成14年)のスタート以来、今年で16回目(2010年開催のみ休止)を迎えます。
過去、『美しい暮らし』(2015年)、『HOW TO LIVE』(2016年)、『NEW STORY』(2017年)と、プロダクトの機能性、実用性やデザインの美しさだけでなく、人々の仕事や学び、生活のシーンにおいて、新しい価値やストーリーの提案を期待するテーマを掲げてきました。
近年、コクヨの事業領域においても、仕事と生活の境界の曖昧さ、コミュニケーションのフラット化が進むなど、今まで当たり前に存在していた境界のあり方が変化しています。一方で、国や文化、ジェンダーなど、社会的にも境界を越えるというテーマは注視に値すると考え、今年は『BEYOND BOUNDARIES』というテーマで作品を募集しました。

本年のグランプリおよび各賞の受賞作品は、次の通りです。


受賞作品について


グランプリ(1作品)

作品名一般名称作品概要受賞者・グループ名
音色鉛筆で描く世界シャープナー、定規、ペンホルダー、クリップ、鉛筆本提案は、紙と鉛筆の微小な摩擦音を増幅することで、文具を介して生まれる新たなコミュニケーションのかたちをあらわしたプロジェクトです。「描く」ことの意味を再考し、視覚情報を残すことを目的としない「楽器としての文具」の在り方を探求しました。文具を音色をえがく為のクリエイティブツールとして再定義することで、目の見えない人と見える人にとって、新鮮な創造的体験の可能性をあらわしました。山崎 タクマ

写真:音色鉛筆で描く世界
写真:音色鉛筆で描く世界


優秀賞(3作品)

作品名一般名称作品概要受賞者・グループ名
Palletballet画材今日の社会では皆、評価されること、否定されることを恐れ、自分の創造力や思考を芸術という形で表現することに消極的になっています。この作品は、子供たちが従来のお絵かきの境界を越え、絵を描いて色を塗るという過程を思う存分没頭して楽しめる画材です。子供たちの自由な創造を促し、探究心を高めてくれます。子供でも簡単に直感的に色を混ぜ合わせて新しい色を作り出すことができるデザインです。遊び心いっぱいのこの回転する画材を使うと、子供たちは毎回違った楽しい経験を味わうことができ、ユニークな作品を作り出すことができます。Soch (Athul Dinesh / Ghufran Ahmed / Pranav Kishore Bidwe)
スマートなダブルクリップクリップたくさんの紙を手軽に固定できるダブルクリップは、資料を作成するのにとても便利です。しかしその一方で、閲覧する際にはめくる動作の邪魔をしてしまいます。「スマートなダブルクリップ」は、紙をめくる時に角に生まれる三角形の余白と形状を揃える事で、邪魔にならずガイドとして機能します。消費者のその先で使用する人のことを考えた、新しいダブルクリップの提案です。豊福 昭宏
白と黒で書くノートノート灰色の紙に黒と白の文字を書く、ノートとその書き方の提案です。紙の色に対して暗い色の文字と明るい色の文字は同時に読みにくいという視覚の性質を利用します。黒い文字を読みながら白い文字へ目を移す時、視覚のスイッチを切り替える必要があり、それぞれの色の文字を個別に集中して読むことができます。大切な部分を際立たせたり、周辺情報を十分に記せたり、光と影を描けたり、視覚が持つ境界を利用することでノートの新しい使い心地が生まれます。中田 邦彦

写真:Palletballet
写真:Palletballet
写真:スマートなダブルクリップ
写真:スマートなダブルクリップ
写真:白と黒で書くノート
写真:白と黒で書くノート


以上

※作品名、一般名称、作品概要、受賞者・グループ名は、応募用紙記載の原文です。
※「コクヨデザインアワード2018」
  ホームページ  https://www.kokuyo.co.jp/award/
  Facebook   https://www.facebook.com/KokuyoDesignAward.japan
  Twitter     https://twitter.com/kokuyo_DA
  LINE@     @kokuyo_da

 ・FacebookおよびFacebookロゴは、Facebook,Inc.の商標または登録商標です。
 ・Twitterは、米国また他国々におけるTwitter,Inc.の登録商標です。
 ・LINEは、LINE株式会社の商標です。

【お問い合わせ先】
コクヨお客様相談室; 0120-201-594
コクヨホームページ;  http://www.kokuyo.co.jp/

ページトップへ