~琵琶湖がすらすら描ける、滋賀ならではの文具~

9/16(金) “びわこテンプレート”を発売

発表日:2016/09/12

記載の内容は発表時のものです。

このページを印刷
コクヨグループの株式会社コクヨ工業滋賀(本社:滋賀県愛知郡愛荘町/社長:前田 賢一)は、ReEDEN(リエデン)シリーズの『びわこ文具』に新たにびわこテンプレートを追加し、9月16日(金)より発売します。

今回発売するびわこテンプレートは、滋賀・琵琶湖での旅や活動の記録に便利なテンプレートです。日本最大湖である「琵琶湖」とそこに生息する生き物の「なまず」「かいつぶり」や滋賀の歴史をかたどった「しろ」「しゅりけん」など、湖国・近江と馴染み深いカタチが描けるようになっています。その他にも、「くるま」「じてんしゃ」やお天気マークなどが描け、日常のシーンでもお使いいただけます。

テンプレート本体は、琵琶湖らしい透明感のあるブルーの素材を採用しました。
パッケージ台紙は、裏面の線に沿って切り組み立てると、簡易的なテンプレートカバーとして使用できます。琵琶湖・淀川水系のヨシ紙を使用しており、ヨシ独特の風合いを感じることができます。
2016年7月に同シリーズより発売した「ロクブンノイチ野帳」に最適なサイズになっており、一緒に持ち歩いて、滋賀・琵琶湖周辺の活動記録や旅の思い出、メモなどあらゆる場面で使えるツールです。滋賀のちょっとしたお土産としてもお使いいただけるアイテムとなっています。


滋賀県内の主要文具店はじめ観光地のお土産売り場、コクヨグループ直営の通販サイト(※)等で販売開始いたします。
(※)コクヨショーケース::http://www.kokuyo-shop.jp

写真:「びわこテンプレート」
写真:「びわこテンプレート」


○発売予定:2016年9月16日(金)
○メーカー希望小売価格 税抜(税込):「びわこテンプレート」 400円(432円)
○年間販売目標 : 6,000個

「びわこテンプレート」の特徴


「琵琶湖」は約1/100万スケールの大きさになっており、テンプレートを左右にずらすことで、琵琶湖に浮かぶ竹生島・沖島も描くことができます。「ロクブンノイチ野帳」に挟むと、右側の琵琶湖のマーク部分がはみ出し、インデックスになります。テンプレートのパッケージ台紙は、裏面の線に沿って切り組み立てると、簡易的なテンプレートカバーとして使用できます。「ロクブンノイチ野帳」と一緒に持ち歩いて、滋賀のフィールドを駆け巡るのに最適なツールです。





「びわこテンプレート」の商品仕様


品番メーカー希望小売価格
(税抜)
サイズ内容
KPSTZ-RBIWA1400円タテ71×ヨコ100mm枚数:テンプレート1枚
デザイン:「琵琶湖」「なまず」「かいつぶり」「しろ」他
●材質/テンプレート:アクリル パッケージ台紙:ヨシ紙 180g/㎡ 
●ヨシパルプ配合率/パッケージ台紙:30%

※ReEDEN(リエデン)シリーズ
水質浄化や生態系保全など環境維持につながることから、琵琶湖・淀川水系のヨシを使用して開発されたエコ文具シリーズです。2007年に販売開始しています。

※びわこ文具
滋賀・琵琶湖をモチーフとした商品展開で2014年9月に発売した「びわこクリップ」、「びわこマスキングテープ」を皮切りに、滋賀ならではの商品シリーズを展開しています。

琵琶湖・淀川水系のヨシを紙の原料の一部に使用しています。ヨシの活用は、水質の浄化や生態系保全など琵琶湖の環境維持につながります。また、売上の一部をヨシ群落の保全活動に役立てています。

【お問い合わせ先】
コクヨ工業滋賀;0749-37-3611

ページトップへ