~パッと見れば、月と週が一度でわかる手帳~

“軽くてスマートに持ち歩ける”「Pat-mi(パットミー)」2017年版を発売

発表日:2016/07/25

記載の内容は発表時のものです。

このページを印刷
コクヨ株式会社(本社:大阪市/社長:黒田 英邦)は、大手広告代理店のクリエイターであり、ジブン手帳制作者の佐久間英彰氏プロデュースの手帳「Pat-mi」2017年版を9月8日(木)より発売します。

「Pat-mi」は、手帳ユーザーの二大不満である、「月間予定と週間予定のページの行き来が面倒」、「1年1冊の手帳は厚い・重い」を同時に解決した新しいスタイルの手帳です。昨年、2016年版を初めて発売し、ネットを中心に大きな反響を呼びました。
「Pat-mi」は、マンスリーブロック(月間)とウィークリーバーチカル(週間)が連動しているため、ページを上下にめくるだけで月間・週間・一日の予定がひと目で確認できます。また、“12~15ヶ月分で1冊”という従来の手帳の固定観念を捨てた「1ヶ月1冊」の分冊型のため、必要な月の分だけ専用ホルダーにはさんで持ち運ぶことができます(最大収容数2冊)。見たいとき、記入したいときにすぐに開けるアナログ手帳の良さはそのままに、アナログでは難しかった予定の全体感と予定の詳細の切り替えが簡単にできる手帳です。

2017年版は、丈夫なPP製の帯にダイアリーを挟める形状になり、2ヶ月分を同時に開いて確認できるようになりました。また、鞄の中などでひらいて折り目がつくようなことを防ぐために、ゴムバンドを付けています。ウィークリーの時間軸は6時~24時に変更し、より長い時間の予定を書き込めるようになりました。(2016年版は7時~23時)

Pat-mi使用シーン
Pat-mi使用シーン


○発売予定:2016年9月8日(木)
○メーカー希望小売価格(本体税抜価格) : 専用ホルダー付き 5,000円、 ダイアリーのみ 3,800円
○年間販売目標:3千万円
商品の詳細は、下記ホームページでご確認ください。
http://www.kokuyo-st.co.jp/stationery/patmi_diary/

「Pat-mi2017年版」の特徴


1. 月間予定と1日の予定を同時に管理

横開きの手帳が多い中、Pat-miは上下にめくる仕様になっており、マンスリーブロックとウィークリーバーチカルのスムーズな連動を可能にしています。そのため、月の予定も週の予定も同時に確認できる便利な手帳です。アナログでは難しかった予定の全体感と予定の詳細の切り替えが簡単にできます。




2.1ヶ月1冊のスリムスタイル

12~15ヶ月分で1冊という従来の手帳とは違い、1ヶ月1冊の計12冊セットです。
必要な月だけを持ち運べるため軽くてかさばりません。
今月分と次月分など、2ヶ月を同時に開いて確認することが可能です(画像参照)。
また、専用ホルダーから外せば、複数月を並列して予定を確認することもできます。




3.持ち運び専用ホルダー&保管ケース付き

2017年版の持ち運び専用ホルダーは、PP製の帯が2つ付き、最大2ヶ月分(2冊)を挟むことができます(画像参照)。必要な月だけ挟むことができるためスマートに携帯することができます。
持ち運び専用ホルダーはブラック、ネイビー、カーキ、ブルー、レッドの全5色です。
使わない月は、まとめて保管用サックケースに入れて卓上保管できます。





佐久間 英彰(さくま ひであき)氏 プロフィール
1974年11月香川生まれ。1999年大手広告代理店に入社。以来コピーライター・CMプランナー・WEBプランナーとして様々な広告に携わり、カンヌ広告祭など数々の広告賞を受賞。
学生時代に「TVチャンピオン」(※)第2回文具通選手権で準優勝し、仕事の傍ら発明心を忘れず、文具や宝石箱などのプロダクトを商品化。
(※)「TVチャンピオン」:1992年から2006年まで、テレビ東京系列で毎週木曜日に放送されていた競技型バラエティ番組




【お問い合わせ先】
コクヨお客様相談室; 0120-201-594

ページトップへ