~軽く切れ、長く使える~

テープカッター<カルカット>を発売

~エッチング加工を施した、新開発の特殊加工刃を採用!!~

発表日:2013/12/11

記載の内容は発表時のものです。

このページを印刷
コクヨグループのコクヨS&T株式会社(本社:大阪市/社長:森川 卓也)は、軽い力でテープを切ることができる、新開発の特殊加工刃を採用した、テープカッター<カルカット>を、2014年1月8日から発売します。

従来のテープカッターの刃の部分は、金属をギザギザ形状にプレス加工したものだったため、テープを切るのではなく、とがっている部分をきっかけにしてテープを引き裂いていました。今回発売する「カルカット」は、エッチング加工で作られた特殊加工刃(特許申請中)を採用。刃の山・谷全ての部分が「刃」になっており、テープを引き裂くのではなく切ることで、切る力を50%軽減(当社従来品比)しています。
また従来のテープカッターでは、テープを引き裂きやすいよう、刃がテープに対して斜めに当たるよう取付けられていたため、テープの切り口が刃と同じギザギザ形状になっていました。「カルカット」の特殊加工刃は、テープに対して垂直に当たるよう取り付けているため、テープの切り口がまっすぐきれいに仕上がります。
これらの特長により、「カルカット」はテープの種類を問わず、軽い力でまっすぐにカットできます。
さらに、「カルカット」の特殊加工刃は、のりがたまりにくい構造に加え、刃が消耗した際も簡単に替刃の交換が出来るので、長く使用できる設計です。

写真:テープカッター<カルカット>
写真:テープカッター<カルカット>

○発売予定: 2014年1月8日
○メーカー希望小売価格(消費税込): 1,260円
○年間販売目標: 2億円



「テープカッター<カルカット>」の特長


1.軽い力でよく切れる(切る力を50%軽減)(当社比)


「カルカット」では、金属の銘板レリーフやパソコンのCPU基盤の製造に使われる、エッチング加工の技法で製作した特殊加工刃を採用しています。
従来のテープカッターでは、ギザギザ状になったプレス加工刃が、テープを引き裂いていたので、切る力が重く感じられていましたが、「カルカット」の特殊加工刃は、刃の山・谷すべてが「刃」になっているので、軽い力でテープを切ることができます。




2.まっすぐ切れる!


従来のテープカッターでは、テープを引き裂く必要から、刃がテープに対して斜めに当たるよう取付けられているため、テープの切り口がギザギザになっていました。
「カルカット」では特殊加工刃が、テープに対して垂直に当たるよう取り付けられているため、テープの切り口がまっすぐに仕上がります。




3.長く使える(のりがたまりにくく、簡単に替刃交換できるロングライフ設計)


従来のテープカッターでは、テープを刃に対して、ななめに押し当ててなすりつけるようにして、テープを引き裂いていたため、テープののりが刃にたまりやすい構造となっていました。
「カルカット」では、テープが特殊加工刃に対して、垂直にあたり、一気に切れるので、のりがたまりにくくなっています。
また、刃が消耗した際も簡単に替刃の交換が出来るので、長く使用できる設計となっています。




商品概要

品番メーカー希望
小売価格(税込)
外寸法W・D・H(mm)対応テープ
T-SM100D・G・W1,260円66・186・106大巻き・小巻き両用
●材質/本体:R-ABS、リール・底板・刃ホルダー:ABS、ホルダーカバー:PC 
●質量/1.2kg 
◆製品色/D…黒、G…緑、W…白
※テープは別売です。
※外寸法にリールは含まれていません。

写真:左から「テープカッター」<カルカット>D・G・W
写真:左から「テープカッター」<カルカット>D・G・W


テープカッター<カルカット>替刃

品番メーカー希望
小売価格(税込)
入り数適合機種
T-SHA1525円1T-SM100
●材質/ステンレス

【お問い合わせ先】
コクヨお客様相談室:0120-201594

ページトップへ