~公民館等のコミュニティスペースで活用~

フラップテーブル「LISMA(リスマ)」を発売

~操作感の軽さと使いやすさ~

発表日:2011/11/15

記載の内容は発表時のものです。

このページを印刷
コクヨグループのコクヨファニチャー株式会社(本社:大阪市/社長:黒田 英邦)は、公民館等のコミュニティースペース向けのフラップテーブル「LISMA(リスマ)」を、12月19日から発売します。

公民館等のコミュニティスペースは、多様な世代の利用者が、目的に合わせてテーブルレイアウトを変えながら使用する空間のため、テーブルには移動や設営時の操作性や安全性への配慮が求められます。
今回発売する「LISMA」は、多様化する利用者が、安全かつ安心して設営や片付け等の作業ができるように工夫を盛り込んだ新しい発想のフラップテーブルです。
視認性と操作性を高めるために、フラップレバーには黄色の大型レバーと、脚部のキャスターロックに黄色の大型ロックレバーを採用しました。フラップレバーはテーブル正面側と側面側の2方向から操作ができ、脚部のキャスターロックはテーブルのロック状態が分かりやすく、操作性を向上しました。
このほか、天板を折りたたんだ状態でテーブル移動の操作性を高める操作ハンドルや、テーブル脚部に足がかかりにくいフレームデザインを採用しました。
バリエーションは、パネル付/パネルなしの2タイプに、それぞれ棚付/棚なしを用意し、天板サイズ4種類と天板色4色を用意しました。

写真:フラップテーブル「LISMA」 パネル付・棚付(W1,800mm×D600mm)
写真:フラップテーブル「LISMA」 パネル付・棚付(W1,800mm×D600mm)
○発売予定:2011年12月19日
○メーカー希望小売価格(消費税込):
  パネルなし・棚なし(W1,500mm×D450mm) 55,125円 ~
  パネル付・棚付(W1,800mm×D600mm) 78,750円
○年間販売目標 :3億円(発売後1年間)


フラップテーブル「LISMA(リスマ)」の特長


1.片手でらくらく、軽いフラップ

写真:フラップレバー
写真:フラップレバー
パッと目に付く黄色のフラップレバーで、片手でも楽に操作できる軽さが特長です。フラップ操作は、側面側と正面側の2方向から操作できるので、テーブルを並べた状態で操作ができます。


2.分かりやすいキャスターロック

写真:脚部のキャスターロック
写真:脚部のキャスターロック
ロック状態に気付かずに無理に動かすことを予防するため、ロック状態が一目で分かるキャスターロックです。
また従来品よりもロックレバーを大きくし、操作性を向上させました。


3.コントロール性の高い操作ハンドル

写真:移動操作のイメージ
写真:移動操作のイメージ
利用者の「運びやすさ」を考慮し、操作ハンドルを採用しました。コントロール性が高く、力の弱い人でも移動や回転をスムーズに行えます。


4.スムーズな移動を実現する重量バランス


重量バランスを検証して作られた脚デザインにより、安定した走行性を実現しました。直進性に優れているので長い走行でも気軽に移動できます。

5.足が引っかかりにくい脚フレーム

写真:脚部のフレーム
写真:脚部のフレーム
立ち座りの際、テーブルの脚部に利用者の足が当たりにくいように、脚部のフレーム高さを低くしました。もし足が当たっても乗り越えやすいように断面に丸みを持たせています。


写真:フラップテーブル「LISMA」のレイアウトイメージ
写真:フラップテーブル「LISMA」のレイアウトイメージ


【お問い合わせ先】
コクヨお客様相談室; 0120-201594

ページトップへ