ビジネスアイテム5製品が2011年度「iFデザイン賞」を受賞

~オリジナルブランド「trystrams(トライストラムス)」~

発表日:2010/12/13

記載の内容は発表時のものです。

このページを印刷
コクヨグループのコクヨS&T株式会社(本社:大阪市/社長:森川 卓也)は、オリジナルブランド「trystrams(トライストラムス)」のデスクトップアクセサリー、電子計算機、プレゼンテーションポインターなど5製品が、世界的に権威ある「2011年度 iF(アイエフ)デザイン賞」を受賞しましたので、お知らせいたします。

「iFデザイン賞」は、「iF International Forum Design GmbH」が主催し、半世紀以上の歴史がある世界的に権威あるデザイン賞で、全世界の工業製品を対象に優れた工業デザインを選定しています。本年は世界43カ国から2,756点の応募総数のうち、993点が受賞しました。

※「trystrams」とは、こだわり志向が強いビジネスパーソンをターゲットに、ステーショナリーを中心とした新しいビジネスアイテムを提案するオリジナルブランドです。2009年10月にブランドリリースし、全国のインテリアショップなどで発売しています。

<受賞概要>


○受賞内容: 「iF Product Design Award 2011」 iFデザイン賞(カテゴリー:オフィス/ビジネス)
○受賞製品: 「trystrams(トライストラムス)」ブランドシリーズのうち、
  (1)デスクトップアクセサリー「INTED(インテッド)」シリーズ
  (2)IDカードホルダー「SMOOTHSTYLE(スムーススタイル)」
  (3)電子計算機「SMOOTHSTYLE(スムーススタイル)」
  (4)プレゼンテーションポインター「X-ViZ(クロスヴィズ)」
  (5)ICレコーダー「X-ViZ(クロスヴィズ)」
○メーカー希望小売価格(消費税込):
  (1)ビジネスカードボックス4,200円、ストレージボックス5,250円、ペントレイ3,150円、デスクトップセット12,600円、(2)1,600円、
  (3)4,200円(ケース無し)、6,300円(ケース付き)、(4)オープン価格(市場想定売価 約40,000円)、(5)オープン価格(市場想定売価 12,000円)
○発売日  : (1)2010年2月1日、(2)2009年10月8日、(3)2010年9月10日、(4)・(5)2010年3月15日


「iF(アイエフ)デザイン賞」とは


ドイツのハノーヴァーにある「iF International Forum Design GmbH」が主催する「iFデザイン賞」は、1953年に創設された半世紀以上の歴史がある世界的に権威あるデザイン賞です。例年、世界各国から多数の応募があり、工業製品を中心として、交通・乗り物、コンピューター、オフィス/ビジネス、キッチン/家庭用品、医療/ヘルスケアなど、16カテゴリーからなっており、デザイン品質、革新性、機能性、人間工学、環境への対応、安全性、ユニバーサルデザインなどの基準に基づいて総合的に評価し、厳正に審査されます。


受賞製品


写真:(手前から)ペントレイ、ビジネスカードボックス、ストレージボックス
写真:(手前から)ペントレイ、ビジネスカードボックス、ストレージボックス
(1)デスクトップアクセサリー「INTED」
デザイナー:プロダクトデザイナー秋田道夫氏


写真: IDカードホルダー
写真: IDカードホルダー
(2)IDカードホルダー「SMOOTHSTYLE」
デザイナー:プロダクトデザイナー柴田文江氏


写真:電子計算機(左側はケース付)
写真:電子計算機(左側はケース付)
(3)電子計算機「SMOOTHSTYLE」
デザイナー:プロダクトデザイナー柴田文江氏


写真:(中央部左から)ICレコーダー、プレゼンテーションポインター
写真:(中央部左から)ICレコーダー、プレゼンテーションポインター
(4)プレゼンテーションポインター「X-ViZ」
(5)ICレコーダー「X-ViZ」
デザイナー:ロボットデザイナー松井龍哉氏


<ご参考>


秋田道夫氏のプロフィール
愛知県立芸術大学美術学部デザイン科卒業後、ケンウッド・ソニーを経て独立。代表作にはデバイスタイルの「一本用ワインセラー」など生活家電から六本木ヒルズ・ミッドタウンで使われているセキュリティーゲート、JR西日本・JR東日本のチャージ専用機、LED式信号機など公共機器のデザインがある。

柴田文江氏のプロフィール
大手家電メーカーを経て、1994年にDesign studio Sを設立。エレクトロニクス商品から日用雑貨、医療機器、ホテルのトータルディレクションまで、インダストリアルデザインを軸に幅広い領域で活動をしている。代表作にコンビ「ベビーレーベルシリーズ」、無印良品「体にフィットするソファ」、象印マホービン「ZUTTOシリーズ」、オムロン電子体温計「けんおんくん」、カプセルホテル「ナインアワーズ」などがある。グッドデザイン賞金賞、iFデザイン最高位金賞、アジアデザイン賞3冠受賞(大賞・文化特別賞・金賞)、JCDデザインアワード大賞、red dot design award 賞など、国内外の賞を多数受賞。

松井龍哉氏のプロフィール
1969年東京生まれ。91年日本大学芸術学部卒業後、丹下健三・都市・建築・設計研究所を経て渡仏。科学技術振興事業団にてヒューマノイドロボット「PINO」などのデザインに携わる。2001年フラワー・ロボティクス社を設立。ヒューマノイドロボット「Posy」「Palette」等を自社開発する。「Palette」は09年より販売、レンタル開始。航空会社スターフライヤーのトータルデザイン、ダンヒル銀座本店店舗設計、KDDI「iida」のコンセプトモデル「Polaris」のデザイン・開発などがある。MoMA、ベネチアビエンナーレなど出展多数。iFデザイン賞、グッドデザイン賞等受賞多数。

【お問い合わせ先】
コクヨお客様相談室; 0120-201594

ページトップへ