~デザイン性に優れた高級タイプ~

天板可動式会議用テーブル「EPIPHY(エピファイ)」を発売

発表日:2007/11/09

記載の内容は発表時のものです。

このページを印刷
  コクヨグループのコクヨファニチャー株式会社(本社:大阪市東成区/社長:貫名英一)は、デザイン性に優れた天板可動式会議用テーブル「エピファイ」を11月15日に発売します。
ここ数年、首都圏のビル新築に伴い貸し会議室も増加しており、高級感のあるデザイン性に優れた会議用テーブルの需要が高まっています。今回発売するエピファイは、前面のパネルから脚部の流れるような曲線と面で構成された優美なフォルムデザインが特徴で、会議空間をすっきりと格調高く演出します。
デザイン性だけでなく、天板を折りたたむ際に指を挟む危険性を避けるため、前面パネルが自動的に外れる設計になっているなど、細部にまで安全性にこだわった商品です。
天板をたたむための操作レバーが大型で握りやすい、キャスターが大きく段差があってもスムーズに移動ができるなど操作性にも優れています。 また、アジャスター機能採用しているため最大10mmの高さ調整が可能です。収納時のスタッキングピッチは132mmと収納効率にも優れています。
このほか、電源タップなどを収納できる配線ダクトを天板下に標準装備しています。
天板の色は、白と木目柄3色の計4色を設定し、天板サイズも9タイプを用意しています。
 
 
○発売日;2007年11月15日
○販売価格(消費税込);78,855円(パネルなし、配線キャップなし、天板寸法 W:1200mm×D:450mm) 
~112,350円(パネル付、配線キャップ有り、天板寸法W 2100mm×D600mm)
○年間売上目標;3億円(2008年度)
写真:天板可動式会議用テーブル エピファイ
(パネル付き、配線キャップなし、天板寸法 W:1800mm×D:600mm)
 
  「エピファイ」の特長  
 
1.デザイン
格調高い会議空間を演出する、前面パネルから脚部に流れるような曲線と面とで構成された優美なデザインです。
 
 
2.安全性
天板を起こす際、脚部と前面パネルとの間に指をはさんでしまっても、前面パネル下部のつめが自動的に脚から外れる独自の安全構造を採用。外れた前面パネルは、再度天板を起こすと脚内側のガイドに添って元の状態に戻ります。
これまで、指はさみ防止策として一定の隙間を設けてきましたが、「エピファイ」は前面パネルと脚部の一体感のある美しいフォルムを保ちつつ、安全性も実現しています。また、配線ボックスの端には、軟質の素材を採用するなど細かな配慮をしています。
 
 
3.操作レバー 
大型で握りやすい形状の操作レバーにより、確実な操作が可能です。
 
 
4.大型キャスター
φ75mmの大型キャスターを採用することで、段差や厚手のカーペットでもスムーズな移動が可能です。
 
 
5.アジャスター機能 /ロック式キャスター
高さを調節できるアジャスター機能を搭載(最大10mm)。凸凹のある床にも安定して設置できます。キャスター4輪のうち、後ろ側の2輪をロックすることができます。
 
 
6.平行スタック
斜めにずれない平行スタックが可能。スタック幅は132mmと収納効率にも優れています。
 
   【お問い合わせ先】
   コクヨお客様相談室;0120−201594
ページトップへ