仮想空間でブランド訴求

カウネット、「セカンドライフ」に参入

発表日:2007/10/16

記載の内容は発表時のものです。

このページを印刷
  コクヨグループの株式会社カウネット(本社:東京都品川区/社長:勝村真信、以下カウネット)は、オフィス用品通販業界として初めてインターネット上の仮想空間「セカンドライフ」に参入します。
カウネットは、この「セカンドライフ」(注1)内のジャパンアイランドにデジタル・アドバタイジング・コンソーシアム株式会社が運営するメディアセンターアイランドの一角を利用し、カウネットのキャラクター「カウ坊」をイメージした「カウネットパビリオン」を設置して、カウネットの様々な事業ブランドやサービスを訴求します。
具体的にはパビリオン内で、ユーザーのアバター(仮想空間におけるユーザーの分身)が、配布されたミニトラックを運転しながらカウネットが手掛ける8つのサービス(注2)の内容が見られます。またアバターが使う「カウ坊」グッズがもらえるようにする(注3)など、楽しみながらカウネットを知ることが出来るようになっています。
カウネットではBtoBの事業所向けオフィス用品通販に加え、BtoCの個人向け通信販売(マイカウネットやエイチディスタイル)やギフトショッピングサイト(メールギフト365)など、個人をターゲットとしたビジネスの拡大を目指しており、ブランド訴求の一環としてインターネット上の仮想空間「セカンドライフ」を通じて個人へのブランドの浸透を図ります。
 
  ○オープン日:平成19年10月16日予定

(注1)「セカンドライフ」:米国リンデン・ラボ社が運営するインターネット上の3D仮想空間で、世界中でユーザー数が急増しており、本年7月に日本語版が開始されたことで、日本人ユーザー数の拡大が期待されています。

(注2)8つのサービス:(1)法人向けオフィス用品通販「カウネット」、(2)大中規模事業所向け購買システム「ウィズカウネット」、(3)個人向けインターネット通販「マイカウネット」、(4)ギフト専門サイト「メールギフト365」、(5)家具のインターネット通販「エイチディスタイル」、(6)総務情報サイト「総務の森」、(7)モニターサービス「カウネットモニカ」、(8)セミナー・ナビサイト「マイコンコース」

(注3)ミニトラック以外のカウ坊グッズの配布は12月頃からを予定しています。
 
 
 
  ご参考/会社概要  
  会社名: 株式会社カウネット
代表者: 代表取締役社長  勝村 真信
所在地: 東京都品川区南大井6丁目26番1号 大森ベルポートA館4F
設立:2000年10月2日
資本金:34億円(2007年3月末現在)
従業員数:94名(2007年3月末現在)
主な事業内容:事業所向けオフィス用品の通販事業
売上高: 648億円(2007年3月期)


会社名: デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム株式会社
代表者: 代表取締役社長  矢嶋 弘毅
所在地: 東京都渋谷区恵比寿4−20−3 YGPタワー33F
設立:1996年12月2日
資本金: 33億円70百万円(2006年11月末現在)
社員数: 308名(連結)(2006年11月末現在)
事業内容:インターネットメディアレップ事業
売上高: 323億28百万円(2006年11月期連結決算)
 
  <報道に関するお問合せ先>
株式会社カウネット 
東京都品川区南大井6丁目26番1号 大森ベルポートA館4階
広報担当TEL:03-5762-7820(田辺、菅沼)
 
ページトップへ