~業界初・ボルト、連結部材などの分離部材ゼロ~

工具を使わず施工できるローパーティション「フレクセル」を発売

~流動化するオフィスレイアウトに容易に対応可能~

発表日:2006/01/19

記載の内容は発表時のものです。

このページを印刷
  コクヨグループのコクヨファニチャー株式会社(本社;大阪市 社長;尾崎司)は、業界初、パネル本体とコーナーポストのみで連結組み立てが可能なローパーティション「FLEXCEL(フレクセル)」を平成18年1月13日に発売しました。
近年、企業における事業推進のスピードが増していることに伴い、組織の変更頻度が増す、あるいは、人材の流動化が進み、オフィス空間をよりフレキシブルに運用したいというニーズが高まっています。一方、空間を用途に合わせて区切る役割を果たすローパーティションは、従来、パネル本体だけでなく多数のボルトや各レイアウト専用の連結部材が必要であり、工具を使わないと組み立てることができませんでした。そのため、購買時はもちろん、レイアウト変更時も専門の施工業者による大掛かりな工程となり、レイアウトによって連結部材の追加購入を必要としたり、使用中の多くの部材が不要となってしまうことが一般的でした。
 
 
今回発売したローパーティション「FLEXCEL(フレクセル)」は、パネル本体に連結機構を内蔵しているため、どんなレイアウトもパネル本体とコーナーポストだけで構築できます。発注時の部材の拾い出しも簡単で、間違いがありません。組み立ても工具なしで簡単に行えます。また空間の用途変更に合わせて部材の過不足無く、簡単に組み換えることが可能です。ボルトや連結金具等が散乱することも、工具による騒音の心配もないため、必要に応じて、その場ですぐにレイアウト変更を行うことが可能です。従来品と比べて初期導入時の組み立て時間は約5分の1に、レイアウト変更なら約10分の1に短縮されました。
パネルの高さは1035mm、1135mm、1235mm、1335mm、1535mm、1835mmの6種類。全面にクロスを張ったクロスパネルの他に、各種のオプションが取り付け可能な目地付きクロスパネル(高さ1235mm、1335mmのみ)、上面ガラスパネル、全面ガラスパネル(高さ1535mm、1835mmのみ)の4種類があります。
「FLEXCEL(フレクセル)」 高さ1335mm、目地付きクロスパネルの施工例
 
  ○発売予定; 平成18年1月13日
○販売予定価格; パネル本体 40,425円(全面クロス 1035mm)~101,850円(全面ガラス 1835mm)(消費税込)
       コーナーポスト 9,555円(1035mm)~15,330円(1835mm)
○年間販売目標; 15億円(平成18年度)
 
  ローパーティション「FLEXCEL(フレクセル)」の特長  
       
1.組み立てが容易
連結機構をパネル本体に内蔵しており、工具レスで簡単に組み立てが可能です。
(1) パネル上部のカバーを開け連結レバーを引き起こすと連結用ツメ金具が出てきます。  (2) コーナーポストまたは相手パネル側面に隠された穴にツメを差し込みます。  (3) その状態で連結レバーを倒すとツメが穴にしっかりと固定されます。
 
 
2.シンプルな部材
連結部材もボルトも不要。パネルとコーナーポストだけのシンプルな構成であるため、部材の拾い出しも簡単になり、運用時の管理も楽になります。コーナーポストは4方向の連結が可能で2WAY、3WAY、4WAY共通です。
 
 
3.エンドカバー不要
高機能の連結機構を内蔵していながらも、パネル上部や側面はシンプルで美しい意匠を保っています。従来のローパーティションのように専用のエンドカバーで端面を隠す必要はありません。
高さ違い連結を行う際でも、化粧カバーなどの追加部材は一切必要ありません。
 
 
4.レイアウト変更が容易に
従来のローパーティションと比べて、レイアウト変更に必要な時間は約10分の1。
部材の交換なしで、低いランニングコストでいろいろな空間アレンジが可能です。

<レイアウト例>
 
 
 
 
 
   【お問い合わせ先】
   コクヨお客様相談室;0120−201594
ページトップへ