~ユニバーサルデザインの消しゴム~

「カドケシ」が「MoMAデザインコレクション」に選定

発表日:2005/10/03

記載の内容は発表時のものです。

このページを印刷
  今年創業100周年を迎えたコクヨグループのコクヨS&T株式会社(本社;大阪市/社長;森川卓也)が発売しているユニバーサルデザインの消しゴム「カドケシ」が、ニューヨーク近代美術館(The Museum of Modern Art, New York/以下MoMA)の「MoMAデザインコレクション」に選定されましたので、お知らせします。  
 
1929年に教育機関として創設されたMoMAは、世界でも主要なモダンアートの美術館です。フィリップ・ジョンソンによって1932年に建築デザイン部門が設けられました。MoMAとコレクションについての詳しい情報は、www.moma.org.をご参照下さい。
「コクヨデザインアワード」(*注)から生まれた「カドケシ」は、2003年5月に発売して以来、幅広いユーザー層から支持を得て、これまでに250万個を超える販売実績を達成しています。普通の消しゴムは使用するとカドが磨り減って丸くなり、小さい文字を消すのに不便を感じることがありましたが、「カドケシ」は10個の小さな立方体を集めた新形状で、使い続けても次々に新しいカドが現われ、細部を修正する際に快適に使用することができます。
これまでにも、その斬新なデザインが高く評価されており、「2003年度グッドデザイン賞」の受賞や日本インダストリアルデザイン協会(=JIDA)の「デザインミュージアムセレクションVol.6」選定、国際交流基金が主催する「現代日本デザイン100選展」入選などを果たしています。
「カドケシ」
 
  ○発売日;平成15年5月2日
○希望小売価格(消費税込み);157円
 
  「カドケシ」の特長  
 
1.斬新でユニークな新形状
「カドケシ」は、10個の小さな立方体を集めた斬新でユニークな新形状になっています。
 
 
2.カドが28ケ所
普通の消しゴムは使用するとカドが磨り減って丸くなり、小さい文字を消すのに不便を感じることがありました。しかし、「カドケシ」の新形状は、使い続けても次々に新しいカドが現われ、細部を修正する際に快適に使用することができます。
 
 
3.環境対応のエラストマー樹脂を採用
素材には、焼却した時の環境負荷が少ないスチレン系エラストマー樹脂を使用しています。また、従来のプラスチック消しゴムのようにプラスチック製品に反応して付着する心配がありません。
 
  <ご参考>

*「コクヨ デザインアワード」
 「コクヨ デザインアワード」は、顧客起点でのモノづくりを活性化することを目的に、平成14年に創設されました。その第1回(募集期間;平成14年1月10日~3月31日)では、「ユニバーサルデザインのステーショナリー」を一般のユーザーから広く募集したところ、311件の応募があり、厳正なる審査の結果、受賞作品10作品が決まりました。「カドケシ」はその「佳作」に受賞した作品を商品化したものです。

コクヨデザインアワード公式ホームページ;http://www.kokuyo.co.jp/award/
 
  *コクヨのユニバーサルデザイン要件
当社ではユニバーサルデザイン製品の要件として、(1)商品としての基本機能・性能を確保、(2)あらゆる状況での安全を確保、(3)表示・色彩・形状などに配慮、(4)軽便・単純・普遍的な操作性・インターフェイスを追求、(5)操作の可否や残量等の情報を判定できる仕組みを追求、(6)従来品と比較しても遜色のない価格設定、以上6つの項目を挙げています。この要件に合致した製品には、コクヨオリジナルのユニバーサルデザインマークを明記し、ユーザーへの普及および浸透を図っています。
 
   【お問い合わせ先】
   コクヨお客様相談室;0120−201594
ページトップへ