~背中を包み込む業界初の新機能「サスペンションバック構造」を搭載~

オフィスチェアー「TRENZA(トレンザ)」を発売

~姿勢の変化に対応する新時代のスタンダードチェア~

発表日:2002/11/21

記載の内容は発表時のものです。

このページを印刷

 
    コクヨ株式会社(本社:大阪市 社長:黒田章裕)は、デスクワークの様々な姿勢の変化に対応して、人の背中を優しく包み込むように支える新機能「サスペンションバック構造」を業界で初めて搭載したオフィスチェアー「TRENZA(トレンザ)」を11月21日に発売します。
  オフィスワーカーは文章を読み書きする作業だけでなく、パソコンの普及に伴って、キーボードやマウスを操作したり、ディスプレイを眺める作業など、デスクに向かって執務する姿勢が様々に変化するようになりました。その為、オフィスチェアーにも複雑化するワークスタイルに対応できる柔軟性が求められています。
  今回発売する「TRENZA」の「サスペンションバック構造」とは、チェアの背もたれ部をV字型フレームで吊り下げるように支える業界初の構造です。体重をかけると背もたれ部の形状が柔軟にたわむので、体格の個人差に合わせて背中を包み込むようにフィットします。グリップを回転させてV字型フレームの角度を調節することで、背もたれ上部の角度を変化させ、個人差や姿勢に合わせたフィット感を得ることができます。
 
 
  当社では「TRENZA」を新時代のスタンダードチェアとして位置づけ、ミドルマネージメント(高955~1045mm)、ハイバック(高910~1000mm)とローバック(高860~950mm)の3機種を展開します。また、可動肘付き、サークル肘付、肘なしタイプや、ハンガー付きタイプがあり、合計で14タイプを品揃えています。張り地の色には5色(黒、赤、緑、青、グレー)を用意しています。
左; ミドルマネージメントサークル肘付き(65,800円)/右;スタンダードローバック可動肘付き(58,800円) 
 
  ○発売予定;平成14年11月21日
○年間売上目標;23億円(平成15年度)
 
  「TRENZA(トレンザ)」の商品特長  
  1. サスペンションバック構造・・・優しく背中を包み込み、体格の個人差に合わせたフィット感を実現  
 
(1) 背もたれの形状変化
 「TRENZA」が搭載している「サスペンションバック構造」とは、チェアの背もたれ部をサスペンション(V字型フレーム)で外側から吊下げるように支える業界初の構造です。
  後ろに体重をかけると背もたれ部の形状が自由にたわむので、様々な姿勢に柔軟に対応し、体格の個人差に合わせて背中を優しく包み込むようにフィットします。
背もたれのたわみ
 
 
V字型フレーム
 
 
(2) 背もたれの角度調節
 「TRENZA」は、背もたれ部の後ろにあるグリップを回転させてV字型フレームの角度を調節することで、背もたれの上部の角度を自由に変えることができます。
  背中をしっかりサポートしたい場合は「前傾」に、腰を支えたい場合は「後傾」に調節すると、肩から腰にかけて、個人の背中にフィットした快適な座り心地を実現します。
 
 
背もたれ上部の形状調節 「前傾」ポジション/「後継」ポジション
 
  2. 背座連動ロッキング機能・・・背もたれ部と座面が連動し、簡単な操作で最適な執務姿勢を実現  
 
(1) 背座連動ロッキング
 「TRENZA」は、チェアの背もたれ部と座面が連動して傾く「背座連動ロッキング機能」を採用しており、背もたれ部を後傾させても座面の前方が高くならないので太股を圧迫しません。ゆったりとリラックスした姿勢でディスプレイを見ながら作業することができます。背もたれ部の傾斜角度が最大20°(当社スタンダード品は17°)の本格的なリクライニング機能を備えています。
 
 
20°傾斜での使用
 
 
(2) 座面の奥行き・高さ調節
  座面は40mmの範囲で前後に調節することができます。体型や好みに合わせて座面の奥行きを調節して快適なポジションを確保することができます。また、ガススプリングによりワンタッチ操作で座面が昇降できるとともに、着座時の衝撃を吸収するためソフトな座り心地が確保されています。 
 
  3. その他、オプション  
 
(1) 可動肘
  「TRENZA」には、肘無し、サークル肘付きの他に、可動肘付きタイプがあり、肘当ての高さを上下動させたり、角度を回転(0~90°)させて使用することができます。キーボードやマウスを操作する時に、好みのポジションに設定することで肩や首への負担を軽減します。
 
 
肘の上下動 肘の回転
 
 
(2) 背もたれハンガー
他に、背もたれの後ろ側に上着を掛けることができるハンガーの付いたタイプもあり、執務中に上着を脱いで身近に掛けておくことができます。ハンガーを使用しないときは収納できます。
 
 
ハンガー ハンガー使用時
 
  3. 環境対応・・・再生素材の採用や使用後のリサイクルなど、地球環境に対応  
    「TRENZA」は、張り地や樹脂部分に再生材料を使用すると同時に、部品別に分解して分別廃棄できる設計を採用して地球環境に配慮しています。「部品交換修理の容易な事務用イス」としてエコマークの認定を受け、グリーン購入法にも適合しています。
  「TRENZA」の張り地には、ペットボトルをリサイクルした再生繊維を使用し、財団法人日本防炎協会の試験に合格した「防炎製品」を使用しています。
  また、汚れた場合にはクッション交換も可能で、長期間にわたって快適に使い続けることができます。


*「TRENZA」とは、これからのスタンダードオフィスチェアーの「TREND」になるという意味を込めたコクヨの造語です。
 
 
 
  ※問合わせ先
お客様相談室 フリーダイヤル 0120-201594
 
ページトップへ