オフィス家具製品価格改定のお知らせ

2018年1月に実施いたします価格改定につきましてご案内申し上げます。

昨今、鋼材をはじめとする原材料費の高騰、並びに人件費・物流費の上昇が製品原価を大きく押し上げる要因となっております。弊社におきましては各種合理化による価格維持に努めてまいりましたが、その影響が大きく企業努力だけでは吸収することが困難な状況となっております。

つきましては、誠に不本意ではありますが、下記のとおり一部ファニチャー製品(2017年8月1日価格改定品は除く)の製品価格の改定を実施させて頂くことといたしました。

弊社といたしましてはより一層の合理化に取り組んでまいりますので、何卒ご理解を賜りますようお願い申し上げます。

2017年10月31日
コクヨ株式会社

価格改定時期

2018年1月1日より  上代改定

対象製品、改定率

下記カタログ掲載のオフィス家具製品の一部  平均3%(一部製品8%)
 ・2017年総合カタログ(ファニチャー編)
 ・KiSPAカタログ
 ・教育施設用家具カタログ
 ・医療施設用家具カタログ


建材製品(間仕切り、OAフロア)          平均2~4%
  ※アフターサービス部品を含む。

ページトップへ