再生樹脂商品の再生樹脂配合率の公称と実態の乖離について

この度、コクヨS&T株式会社(本社:大阪市東成区/社長:森川卓也)が販売しておりますフラットファイル(PP)および個別フォルダー(カラー・PP)において、調達先への再生材配合率の監査を実施した際、再生樹脂製シートの一部に再生樹脂配合率が公称と乖離しているものが混入していると、調達先からの報告を受けました。
その内容および弊社の対応について以下の通りお知らせいたします。
お客様には大変ご迷惑をおかけいたしますこと、深くお詫び申し上げます。
このような事態が再発することのないよう、より一層材料確認及び品質管理の徹底に努める所存でございますので、今後とも変わらぬお引き立てを賜りますようお願い申し上げます。

以上

1.対象商品

フラットファイル(PP) 27品番
フラットファイル(PP・3冊入り) 5品番
フラットファイル(PPワイド) 10品番
個別フォルダー(カラー・PP製・5冊パック) 5品番
合計 47品番

対象商品の詳細はこちらのページをご確認ください。PDFファイル容量:998kb998kb

2.出荷期間

2008年5月から2010年9月

3.乖離内容

公称
発泡R-PP50%
実態
対象期間内に出荷した商品の約23%が発泡R-PP40%以上50%未満

※グリーン購入法およびGPNエコねっとの基準には適合しております。

4.表記箇所

2010年版総合カタログおよび弊社ホームページ

5.対応方法

  • 弊社ホームページの表記を実態に合わせて修正します。
  • 商品の撤去・再利用・廃棄は新たな環境負荷の増大につながることから、対象商品の販売を継続させていただきます。

6.お問合せ先

本件に関するお問合せ先(コクヨお客様相談室)

フリーダイヤル0120-201594

受付時間
月曜日~金曜日(祝祭日を除く) 9時~17時

※お客様からご連絡いただきました個人情報は、本件の目的以外には一切使用致しません。

2010年10月13日
コクヨS&T株式会社

ページトップへ