結の森ロゴ

結の森プロジェクトとは

結の森プロジェクトとは

日本の森林の約4割は、木材として使うために育てられてきた人工林です。
それは天然林とは異なり、手入れをしなければ荒廃してしまう森なのです。
一方コクヨは、森資源の利用で成長した企業です。森林整備だけでなく、経済面でも貢献できないかと考え、2006年10月、高知県の大正町森林組合(現:四万十町森林組合)とともに、「結の森」プロジェクトをスタートさせました。

さまざまな課題を
ひとつずつクリアしながら
私たちは進んでいます。

私たちは今、地球環境に関するさまざまな課題を共有しています。
特に、地球温暖化問題と生物多様性の保全は全世界共通の課題となっています。
コクヨグループは結の森プロジェクトを通じて、その課題解決の一助となるよう努めています。

活動目的

森を適正に管理し、健康な森を育てるためには、人間が適正に手入れをしなければなりません。このプロジェクトでは、コクヨと四万十の森林組合、高校生、地元や行政の人たちが協力し、森林を育てながら、地域の活性化を目指すとともに、間伐材から木の新たな価値をつくるため、コクヨ全社を挙げて取り組んでいます。

森、コクヨグループ、森林組合の関わり

森をめぐる環境と経済の好循環

「森」
多様な生物を育み、CO2を吸収し、木材を供出する。
「コクヨグループ」
製品開発で、再生可能資源である木材の有効活用を促進する。
生物多様性保全に貢献するモニタリング調査等を実施する。
「森林組合」
間伐を進め、適正な森林管理により木の新たな価値を生み出す。
間伐材の製品化を行う。
写真

国産の木材が使われないと、
日本の森の荒廃がすすんでしまう、という事実

現在、森の守り手である山村は衰退しつつあり、そのために放置され荒廃していく森も少なくありません。
山村が衰退する一番の原因は、国内林業の現状にあります。大量に輸入される外国産の木材に圧され、国産の木材の価格が大幅に下落している状況です。今まさに荒廃しつつある森林を適正に管理し、また山村の基幹産業である林業を活性化できなければ、大切な森林は失われていくばかりなのです。

2006年10月、森を守る「仕組み」づくりをめざす、
「四万十・結の森プロジェクト」がスタート

この美しい場所で、コクヨは地元高知県の大正町森林組合と何度も話し合いを重ね、プロジェクトの具体的な計画が決められました。大正町森林組合をはじめ、高知県立四万十高校や地域の方々、筑波大学大学院などの参加で計画は進められました。めざすのは「環境と経済の好循環」、それはただ森林を保全することで終わらず、森林を守る地元も活性化する「仕組み」をつくることです。

写真
結の森の地図

日本を代表する清流、四万十川。
その流域に、結の森はあります。

高知県西部、日本最後の清流と呼ばれる四万十川。結の森はこの美しい川の中流域、川面を臨む一帯に広がっています。
森の中は、せせらぎ、葉ずれ、鳥の声などが絶え間なく聞こえる生命の息吹に満ちた場所。森に足を踏み入れれば、その豊かさを全身で感じることができます。

「結」の意味とは

かつて農山村では、田植えなどで地域の人々が互いに助け合って共同作業を行う習慣があり、それを「結(ゆい)」と呼んでいました。
このプロジェクトはコクヨと地元の人々が互いに助け合ってはじめて実現されるもの。
「結の森」という名前には、そんな思いが込められています。

写真

結の森活動実績

ここでは、「結の森」のこれまでの歩みと、対象面積やCO2吸収量などの数値情報をお伝えします。

活動年表

1998年、大正町森林組合との間伐材利用商品の業務提携に端を発するコクヨの取り組みは、2006年10月に「四万十・結の森プロジェクト」としてスタートを切りました。コクヨグループ各社(コクヨ、コクヨファニチャー、カウネット)が協働してプロジェクトを推進しています。ホームページだけではなく、2013年からはフェイスブックでも情報発信を開始。これからも四万十の人々と協力しながら活動を続けていきます。

「結の森」活動年表

※ FSC認証とは
国際機関である「森林管理協議会(Forest Stewardship Council=FSC)」が、適正に管理された森林であることを認証する制度です。認証された森林の産物から生まれた商品には、FSCマークを表示することができます。コクヨグループでも、結の森ブランドをはじめ、多くのFSC認証製品を取り扱っています。

結の森の対象面積、累計間伐面積およびCO2吸収量の推移

CO2吸収証書の発行

コクヨグループは「結の森」の活動を通じて、高知県の「環境先進企業との協働の森」事業にパートナーとして参画していることから、2008年より高知県から「CO2吸収証書」が発行されています。

2006年に106haの森を対象として始まった結の森は、年々その対象範囲と間伐面積を拡大しています。2014年には、対象面積が4897haになりました。面積の拡大にともない、CO2吸収量も増加傾向にあります。

CO2吸収証書に記載された吸収量の推移、およびFSC対象面積・間伐面積の推移

CO2吸収証書に記載された吸収量の推移、およびFSC対象面積・間伐面積の推移