インドの芸術振興に貢献するキャメル芸術財団

インドの芸術振興に貢献するキャメル芸術財団

1997年にコクヨカムリンが設立したキャメル芸術財団(Camel Art Foundation(CAF))は、芸術を学ぶ学生やプロフェッショナルの若手アーティストの作品を評価する展示会を毎年各地で開催するなど、インドにおける芸術文化の成長に貢献してきました。

この財団の活動の主な目的は、芸術家の卵を成長させるプラットフォームを提供するとともに、展示会を開催することでプロの芸術家が名声を高め、インドの芸術シーンのさらなる底上げを目指すことです。

2016年は、CAF が主催するコンテストに全インドから7,254点の応募がありました。

中国での取り組み

恵まれない地域の子どもたちにノートを ~「草の根無償協力」への取り組み~

先生からキャンパスノートを受け取った子どもたち

先生からキャンパスノートを受け取った子どもたち

コクヨグループでは、開発途上国の多様なニーズに応えるため、1989年に導入された外務省主催の「草の根・人間の安全保障無償資金協力」(以下、草の根無償協力)に、2006年より協賛しています。

草の根無償協力は、中国の恵まれない地域の子どもたちにも都市部の子どもたちと等しく学んでもらうための機会・環境をつくる活動です。多くの賛同企業による無償援助により、校舎の建築や学用品提供が行われ、これまでにさまざまな事情により十分に学ぶことができなかった子どもたちにも教育を受けてもらえる場所・道具を提供しています。

この取り組みに、コクヨはキャンパスノートの提供によって協力しており、2016年、3万冊のノートを50ヵ所の学校に進呈。寄贈を始めた2006年からの10年間では、累計56万冊を超えるノートを寄付しています。

小さなノートで大きな夢を!―― 未来ある子どもたちへの支援活動

11月27日~29日、国誉(上海)企業管理、国誉商業(上海)、国誉家具(中国)の上海オフィス、北京オフィスから集まった社員6人が、山西省平型関寄宿学校を訪れ、子どもたちとの交流を図りました。遠い地から訪れたコクヨ社員を、子どもたちと先生たちは温かく迎えてくれ、社員にとっても有意義な時間となりました。

今回の訪問では、キャンパスノートをはじめとしたコクヨの文房具と、スポーツ用品のほか、中国のコクヨグループ全社員から集めた約200枚の冬用の衣類も寄付しています。

子どもたちには、自分が描く将来の夢をコクヨの文房具で描いてもらい、一人ずつその夢を語ってもらいました。また、子どもたちが笑顔で発表している姿を写真に撮り、その写真を貼り付けた一人ひとりのオリジナルの「夢」ノートも作成しています。

こうした子どもたちとの交流活動は、訪問する小学校を年ごとに変えながら毎年行っています。自分たちがつくる文房具が、たくさんの子どもたちを笑顔にする体験は、社員にとってもかけがえのない経験です。「商品を通じて世の中の役に立つ」という理念を社員に身をもって理解してもらうためにも、コクヨでは積極的に社員にボランティア活動に参加してもらっています。

中国では、奥地の山間部や農村地帯などではまだまだ教育環境が整っておらず、文房具などが不足している地域が多くあります。コクヨは、たくさんの子どもたちに将来への夢を持ってもらうために、今後も子どもたちの教育支援活動に力を注いでいきます。

贈呈式のご挨拶

贈呈式のご挨拶

コクヨ文具で夢を描いている様子

コクヨ文具で夢を描いている様子

寄付衣装を着てくれました

寄付衣装を着てくれました

インドでの取り組み

世界環境デーに合わせて植樹活動を実施

世界環境デーに合わせて植樹活動を実施

毎年6月5日の世界環境デーに合わせて、コクヨカムリンは子どもたちと一緒に植樹活動を実施しています。2015年はインド北部のピトラガル県において、陸軍と子どもたちの協力を得て、20分以内に10万本の木を植えるというLimca book (インド版ギネスブック)記録を打ち立てました。2016年は陸軍と森林局、そして子どもたちの協力を得て、合計717,333本の若木をウッタラカンド州で植樹をしました。

今後は環境保護活動の一環として、環境負荷の低い商品の開発にも力を注いでいきます。

NGOとともに小児がんの子どもたちを支援

NGOとともに小児がんの子どもたちを支援

NGOとともに小児がんの子どもたちを支援

コクヨカムリンは、NGO 団体 Gadge Maharaj Dharamshala とともに、小児がんと闘う子どもたちのためのイベントを実施しました。

病院で辛い闘病生活を送っている子どもたちには、体の治療と同様に、心のケアも非常に大切です。このイベントでは、コクヨカムリンからクレヨンや絵の具などの色鮮やかな画材商品を提供し、一緒に絵を描いて楽しい時間を過ごしてもらいました。

ワードバンク

カーソルを赤い下線が引かれている用語の上に合わせると、横に解説が表示されます。

使用例