地域社会とともに

インドでの取り組み

クレヨンや絵の具など画材商品を主力商品群とするコクヨカムリンでは、インド国内外における芸術振興活動や、環境保全活動に積極的に取り組んでいます。

写真

世界最大規模の絵画コンテスト「Camel Art Contest」

写真

著名ボリウッド俳優、オム・プリ氏が全国大会優勝者に最優秀賞を授与

コクヨカムリンでは、子どもたちに芸術活動や芸術そのものへの意識を高めてもらうことを目的に、「Camel Art Contest」(2014年に旧称のAICCC(All India Camel Colour Contest)より改称)を毎年企画・運営しています。このコンテストは2011年に480万人以上の子どもたちが参加したことで、「世界で最も規模の大きなアート・コンペティション」としてギネスブックに掲載されました。

2014年からはソーシャルメディアを活用し、インド国外にいる子どもたちにも参加してもらうことで参加者が大幅に増加し、2015年の参加者は国外からの参加者も40万人を超え、648万人に達しました。

最終審査は4月に実施し、参加した個人とともに優秀学校賞の表彰も行いました。これは、参加した学校単位で審査を行い、最優秀校にはその学校の芸術施設・道具の改修・購入のための5万ルピー(約8.5万円)を進呈するものです。

子どもたちに芸術を学ぶためのより充実した環境を提供するという、これまでより一歩踏み込んだ取り組みを行い、受賞校の子どもたちに当コンテストをもっと身近なものとして感じてもらえればと願っています。

キャメル芸術財団

写真

参加アーティストとコクヨカムリン幹部で記念撮影

写真

テーマに沿ってプロと美大生のアーティストたちが一緒に創作に励みました

コクヨカムリンが1997年に設立したキャメル芸術財団(Camel Art Foundation(CAF))の活動は、芸術を学ぶ学生やプロフェッショナルの若手アーティストの作品を評価する展示会を毎年各地で開催するなど、インドにおける芸術文化の成長に貢献してきたコクヨカムリンの慈善事業の柱です。

この財団の活動の主な目的は、芸術活動を促進し、芸術家の卵を成長させるプラットフォームを提供するとともに、展示会を開催することでプロの芸術家が名声を高め、インドの芸術シーンのさらなる底上げを目指すことです。従来は地域別のコンテストでしたが、2015年からは全インドでのコンテストに制度を変更し、よりレベルの高いコンテストとなりました。併せて、オンラインでの応募申し込みを可能とする取り組みも始め、2015年は計6,000点以上の応募がありました。

応募作品は、芸術を学ぶ学生などの作品とプロの芸術家からの作品に振り分けられ、さらに油絵、水彩画、クレヨン画など、絵画の種別に分類されます。展示会に向けての申込料は不要で、18歳以上であれば誰でも参加することができます。

審査を通過すると、作品を展示する機会を得るだけではなく、優秀作品を描いたプロの芸術家には10万ルピー(約17万円)、芸術を学ぶ学生には5万ルピー(約8.5万円)の賞金が進呈されます。

また、受賞者をインド国内外での芸術研修ツアーに招待するなど、今後も財団の活動を一層価値のあるものにするため努力を重ね、若い才能の育成、プロの芸術家の活躍の機会の拡大に取り組んでいきます。

世界最長キャンバスへの描画に挑戦し、ギネスに認定

写真

大勢の子どもたちがギネス記録に向けて世界最長キャンバスと楽しく格闘

写真

コクヨカムリンの名誉会長・スバッシュ氏も一緒に描画に参加

コクヨカムリンは、4月15日の世界アートデー※1に合わせて「Camel Art Day 2015」を開催し、IES(Indian Education Society)※2のさまざまな学校に通う3,500人の子どもたちと一緒に、世界最長のキャンバスに絵を描いてギネス記録に挑戦するイベントを開催しました。従来の世界記録を上回る全長7.5kmのキャンバスを用意し、インドのモディ首相が提唱する「Swachh Bharat-クリーン・インディア」をテーマに、子どもたちに思い思いの絵を描いてもらいました。イベント終了後、ギネス社による審査で世界記録の更新が無事認められました。

今後もアートを通じて子どもたちに楽しさ・喜びを提供していきます。

※1 IAA(International Association of Art)がレオナルド・ダ・ヴィンチの誕生日を記念して決議したもの
※2 1912年に設立されたインドの教育機関。その傘下に60以上の学校を運営している。

CAMLIN ART & CRAFT STUDIOをキッザニア ムンバイにオープン

写真

オープニング看板

写真

歓迎イベントでの記念撮影

日本でもお馴染みの子供向け職業体験型テーマパーク「キッザニア」は世界各地で展開されていて、インドではムンバイの人気ショッピングモール「アールシティモール」にあります。

コクヨカムリンは2015年に、このキッザニアのオフィシャルスポンサーとなりアートを通じて子どもたちの創造性を育む工房「CAMLIN ART & CRAFT STUDIO」をオープンしました。6月13日の開館イベントでは、主力商品でもあるクレヨン、色鉛筆、マーカー、絵具を使って、子どもたちにオリジナルのお面を作るという創作活動を楽しんでもらいました。参加した子どもたちは、当初は緊張気味でしたが、アートティーチャーのリードで、好きな種類や色の筆記具を使って、思いのままにお面を作って遊んでいました。コクヨカムリンは今後もCAMLIN ART & CRAFT STUDIOを拠点に、ブランドメッセージ「Let's have fun」を発信していきます。

環境保護活動

写真

ウェブサイト上でキャンペーンを実施

写真

活動に参加された方々

6月5日の世界環境デーに合わせて、コクヨカムリンは毎年子どもたちと一緒に植樹活動を実施しています。

今年は全インド6ヵ所の工場で植樹活動を行いました。またインド北部のピトラガル県において、陸軍と子どもたちの協力を得て、20分以内に10万本の木を植えると言うLimca book (インド版ギネスブック)記録を打ち立てました。

コンテンツリンク
インドでの取り組み 中国での取り組み
ベトナムでの取り組み  
地域社会とともに トップページ
ワードバンク

カーソルを赤い下線が引かれている用語の上に合わせると、横に解説が表示されます。

ページトップへ