地域社会とともに

中国での取り組み

コクヨグループでは、グローバルに社会貢献活動を推進するため、各国・地域の拠点でさまざまな社会貢献活動を行っています。中国では、「未来ある子どもたちへ教育の場を提供する」ことを目的に、教育支援活動に注力した取り組みを進めています。

写真

恵まれない地域の子どもたちにノートを ~「草の根無償協力」への取り組み~

写真

先生からキャンパスノートを受け取った子どもたち

コクヨグループでは、開発途上国の多様なニーズに応えるため、1989年に導入された外務省主催の「草の根・人間の安全保障無償資金協力」(以下、草の根無償協力)に、2006年より協賛しています。

草の根無償協力は、中国の恵まれない地域の子どもたちにも都市部の子どもたちと等しく学んでもらうための機会・環境をつくる活動です。多くの賛同企業による無償援助により、校舎の建築や学用品提供が行われ、これまでにさまざまな事情により十分に学ぶことができなかった子どもたちにも教育を受けてもらえる場所・道具を提供しています。

この取り組みに、コクヨはキャンパスノートの提供によって協力しており、2015年は、84,820冊のノートを150ヵ所の学校に進呈。寄贈を始めた2006年からの9年間では、累計53万冊を超えるノートを寄付しています。

農村教師を上海へ招待

写真

文房具店見学の様子

2015年8月1日、国誉(上海)企業管理は崔永元公益基金及び華東師範大学などが共催した「農村教師の育成」活動に参加し、貴州黎平県岩洞鎮銅関小学校の呉継雲校長と呉鲁蘭先生を一日上海に招待し、観光案内しました。

浦東エリアの児童図書館の見学や外灘エリアの散策などに加え、コクヨの文房具を販売している文房具店と国誉家具(中国)のフラッグシップショールームも案内しました。

先生たちは上海のダイナミックな都市風景に感心し、都市部の子どもたちの学習環境についても興味津々なご様子でした。また、コクヨの文具・家具へのこだわりにも大変驚かれ、感動していました。今後も、このような機会を通じて、農村部の教師や生徒たちを都市部に招待し、交流を増やしていきます。

「小さなノートで大きな夢!」 子どもたちに「夢」と「世界」についての授業を開催

2015年10月、国誉(上海)企業管理、国誉商業(上海)、国誉家具(中国)の上海オフィス、北京オフィス、深圳オフィスから集まった社員6人が江西省楽平市名口鎮流芳小学校を訪れ、子どもたちとの交流を図りました。

遠い地から訪れたコクヨ社員を子どもたちは温かく迎えてくれました。社員たちは学校に絵本やスポーツ用品、キャンパスノートを贈呈し、環境保全や外国文化を学ぶ授業などを実施しました。また、子どもたちと一緒にノートに自分の写真を貼り付けるオリジナルノートを作成し、将来の夢を描いてもらい、非常に濃密で有意義な時間を過ごしました。

写真

贈呈式の様子

写真

「私の夢」
先生やシェフなど、素敵な夢がたくさん。

写真

子どもたちのたくさんの笑顔を見ることができました。

コンテンツリンク
インドでの取り組み 中国での取り組み
ベトナムでの取り組み  
地域社会とともに トップページ
ワードバンク

カーソルを赤い下線が引かれている用語の上に合わせると、横に解説が表示されます。

ページトップへ