取引先とともに

調達基本方針

コクヨグループは、サプライヤーの皆様との相互理解、相互発展がますます重要との認識のもと2013年3月「調達基本方針」及び「ガイドライン」を制定しました。

サプライヤーとのさらなる信頼関係構築のために

企業活動がグローバル化する中、社会的責任の範囲は自社及び子会社の管理だけでは不十分となってきています。2013年に主要協力工場32社に調達方針に関する説明会、セルフチェックアンケートを実施し、その結果をフィードバックしました。2014年には約400社の調達先に「調達基本方針」及び「ガイドライン」を送付しました。こうした活動を通じてさらなる信頼関係の構築に努めます。

コクヨグループ調達基本方針

コクヨグループは、企業理念「商品を通じて世の中の役に立つ」をサプライヤーの皆様と共有し、相互理解と信頼関係構築に努め、共に社会的責任を果たし、社会の発展に貢献し続けます。

品質・安全の追求
お客様に選ばれ続けるため、国・地域の特性に応じた最適な品質・安全性を追求します。
相互発展
国・地域の関係法規及び社会規範を遵守し、公正で透明な取引を行い、誠実な信頼関係構築と相互発展に努めます。
人権尊重
国・地域の文化・習慣を理解し、すべての人の人権が尊重される社会を目指します。
環境保全と地域社会との共生
地球規模で環境保全に取り組み、地域社会への積極的な参画を通じて、良き企業市民として社会との共生に努めます。

コクヨグループ調達ガイドライン

コクヨグループはサプライチェーン全体における社会的責任を果たし、事業を通じて社会の発展に貢献するため『コクヨグループ調達基本方針』に基づき、サプライヤーの皆様とともに達成したい事柄を『コクヨグループ調達ガイドライン』として定めています。

コクヨグループ調達ガイドライン
取引先とともに トップページ
ワードバンク

カーソルを赤い下線が引かれている用語の上に合わせると、横に解説が表示されます。

ページトップへ