社員とともに

社員とのコミュニケーション

コクヨグループでは、社員のコミュニケーションのため、さまざまなイベントを開催しています。

コクヨロジテム 七夕まつり開催

写真

七夕まつりの準備の様子

コクヨロジテムは2015年7月に、人と人との出会いを誘発する働き方を推進する大阪本社 新館XT(クロスト)2階のカフェスペースで、七夕まつりを企画・実行しました。当日は、本物の笹を用意し、コクヨロジテムだけでなく同じフロアで働くファニチャー事業の社員もいっしょになって、子どもの頃を懐かしみながら願い事を書いたり、折り紙で飾りをつくったりと、笑顔あふれる楽しい時間を過ごしました。それぞれの願いが込められた短冊は、会社の近くにある枚岡神社に納めました。

参加者からは「オフィスの一角の飾りをみるだけで心がほっこりしました。是非また、何かのイベントを企画してほしい」という声が寄せられました。短期間のイベントでしたが、オフィスのなかでちょっとした季節感を多くの社員に楽しんでもらうことができました。

コクヨロジテム 納品品質を称えるイベントを開催

写真

感謝状贈呈式

コクヨロジテムでは、2012年から年2回、納品先のお客様を対象に納品品質に関するアンケートを実施しています。アンケートでは、約半数のお客様からコメントをいただき、その大半が嬉しいお褒めの言葉です。

「周りへの気配り・安全への配慮に感心しました」「言葉づかいも丁寧で作業中こちらも気分よく過ごせました」など、お客様から特に感動的なお言葉をいただき、コクヨの納品の価値を高めたドライバーや作業担当者に「感動コメント感謝状贈呈式」を通じて感謝の気持ちを伝えています。2015年も3月、10月に、対象期間中のベスト感動コメントやお客様からの最多感動コメントに選出されたドライバーや作業担当者に、感謝状を贈りました。

社員の節目にねぎらいの祝典を実施

写真

春秋会

コクヨグループでは、勤続10年、20年、30年の社員には永年職務に精励し、会社の発展に寄与してきたことを称え、特別休暇と記念品(旅行券)を添えて表彰しています。

また、定年退職を迎える社員の多年にわたる労苦をねぎらい、節目を祝う祝典として春秋会を開催しています。2015年5月1日から翌年4月30日までに定年退職を迎えた計56人を迎え、式典及び懇親宴を春と秋に行いました。春秋会は、1983年に「定年式」という名称でスタートして以来、30年以上継続している式典です。

社員が主体となった「ファミリーデイ」を開催

写真

大人から子どもまで楽しめるイベントを開催

家族をオフィスに招待する「ファミリーデイ」は、日頃の感謝を伝えるとともに、会社や仕事への理解を深めてもらい、社員同士・家族同士で楽しく交流しコミュニケーションを活発化するためのイベントです。

ステーショナリー事業では、社員が自らつくりあげて家族をもてなす「ファミリーデイ」を2008年から連続して開催しています。毎年、入社1~2年目の若手社員がプロジェクトメンバーとなり、コクヨ商品を使った工作教室や、家族のチームワークが試されるゲーム、カフェコーナーなど家族のために多彩な企画を準備します。2015年も8月に、品川、大阪本社で「ファミリーデイ」が行われ、過去最高の来場者(品川315人、大阪301人)が集まりました。

コンテンツリンク
労働安全衛生の取り組み 健康管理・メンタルヘルス
社員とのコミュニケーション  
社員とともに トップページ
ワードバンク

カーソルを赤い下線が引かれている用語の上に合わせると、横に解説が表示されます。

ページトップへ