お客様とともに

お客様との対話

学ぶ人や働く人のために、これまでにない新しい商品やサービスを追求し続ける。そうしたコクヨの活動を理解していただくために、さまざまなイベントや各地に展開するライブオフィスを舞台にお客様とのコミュニケーションを積極的に展開しています。

「コクヨハク2015」 に2万5000人が来場

4月3日~4月5日の3日間、東京・丸の内のJPタワー地下1階 東京シティアイで、情報発信型のステーショナリーショップ「コクヨハク」を開催しました。「コクヨハク」とは、文字通り「コクヨの博覧会」を意味しており、会場内ではコクヨの最新文具・限定商品を展示・販売しています。話題の文具に見て・触って・体感していただけるコーナーや、コクヨならではのあっと驚くような企画を通して、コクヨの新たな魅力を発見していただくことを目的とするイベントです。

3度目となる2015年は、「キャンパスノート」の発売40周年を記念した限定商品の販売や、「キャンパスノート」のマザー工場がある滋賀県とのコラボレーションを中心とするもりだくさんの内容でお届けし、2万5000人ものお客様に来場いだきました。

写真

初日の開場前から大行列

写真

会場の様子

キャンパスノート誕生40周年記念ケーキカットセレモニー

写真

キャンパスノートを模した特製ケーキ

スペシャルゲストに三日月滋賀県知事、滋賀県のイメージキャラクター「キャッフィー」を招き、キャンパスノート40周年を記念して数量限定発売した、表紙のみならず中紙にもイチゴなどの柄が印刷され、重なると側面がケーキ模様になっているケーキキャンパスノートを模した特製ケーキでキャンパスノートの誕生40周年を祝って、ケーキカットセレモニーを行いました。

滋賀県とのコラボレーション企画

写真

コクヨ工業滋賀のオリジナル商品ReEDEN

キャンパスノートのマザー工場であるコクヨ工業滋賀の地元貢献・環境貢献の取り組みを紹介するとともに、生チーズケーキ、鮒寿しや赤蒟蒻など滋賀県を代表する特産品を販売しました。また特別に、とび出し坊やガチャコレクション(「とび太くん」グッズが入手できるガチャガチャ)」も登場しました。「とび太くん」は、ドライバーに対して子どもやお年寄りによる飛び出し注意を啓発する人形型の看板で、地域の子どもたちの安全のために滋賀県で活躍しているキャラクターです。コクヨ工業滋賀では「とび太くん」をモチーフとした文具を販売しています。

ワークショップ

写真

ワークショップでオリジナル野帳づくりにチャレンジ

コクヨハクでは恒例となっているデコレーションしやすい表紙デザインのキャンパスノートにマスキングテープやマーカーを使ってオリジナルノートをつくる「デコレーションキャンパスノート」ワークショップに加えて、「オリジナル測量野帳ワークショップ」、麻ひもを織ってつくるミニバックやネット状に編んでつくる袋など簡単な生活雑貨づくりを体験いただける「麻ひも教室」などを実施しました。

限定商品の発売

写真

・ロングキャンパス
製造工程で、2冊のノートが連なった裁断前の状態にあるノート。

写真

・ロングミリ消し
ノートの一行を狙って消せる消しゴム「ミリケシ」のロングバージョン。長さは「ミリケシ」の3.9倍。

写真

・金色、銀色の「測量野帳」
1959年の発売からデザインが変わらないロングセラーの手帳型ノート「測量野帳」の表紙が金色、銀色の限定カラー商品。

香港でのキャンパス40周年イベント開催とBookfair出展

写真

キャンパスノートにデコレーションを施し、オリジナルキャンパスノートをつくるデコキャンワークショップ

写真

ブース内はたくさんのお客様で賑わった

ステーショナリー事業は、2014年より、韓国・台湾・豪州・香港のお客様へのアプローチを重点課題として、戦略構築や事業検証を行っています。2015年の夏は、香港で積極的にプロモーションを行い、多くのお客様にコクヨを知っていただくことができました。

7月2日からは約1ヶ月間にわたって、「キャンパス40周年イベント」を実施しました。香港で最も高感度な小売チェーンLOG-ON とコラボし、店内のイベントスペースを使って、キャンパスについての紹介、商品販売、デコキャンワークショップなどを展開しました。現地の主要媒体4誌、ウェブサイトを含め計14メディアに取り上げられ、大いに注目を集めることができました。

また7月15日~21日には、Hong Kong Bookfair 2015へブースを出展しました。このBookfairは、人口700万人の都市で来場者が100万人を超えるという圧巻の集客力を持つ香港の夏の風物詩ともいえるイベントです。コクヨのブースは開催期間を通して大いに盛況を見せ、6000人を超えるお客様に商品を体験し、購入いただくことができました。

「WORKSIGHT LAB. エグゼクティブセミナー」開催

写真

「WORKSIGHT」編集長よりワークサイトの紹介

写真

セミナー会場

6月9日、ファニチャー事業の顧客を中心とした、総務・建築・デザイン・経営者の方々92人を招待し、渋谷ヒカリエで「WORKSIGHT LAB.エグゼクティブセミナー」を開催しました。 "WORKSIGHT LAB."とは次世代の働き方と学び方をテーマに、価値創造する組織へ変革したいキーパーソンに向けて実践知とソリューションを提供するための研究組織です。設立から3年が経ち、エグゼクティブセミナーも6回目を迎えました。

今回は、「社員を『全員主役』にする」というオフィスコンセプトをもとに、外部講師をお招きし、「個性が生きる"全員主役のワークスタイル"」と題して組織や働き方についてのお話をしていただきました。

セミナー後のアンケートでは、約7割の方が「WORKSIGHT」をご存知で、国内外の先進オフィスを独自取材した「WORKSIGHT」への関心の高さが分かりました。また、イベント全体の満足度も高く、多くのお客様から好評を得ることができました。

※「WORKSIGHT」とは
オフィス空間の工夫だけでなく、行動習慣やプロセスを変えるソフト面での取り組みにもフォーカスを当て、国・業種・業態などに関係なく、世界の成長企業の働き方を紹介した国内外の先進オフィスを独自取材したメディア

2016コクヨ新製品フェアを開催

写真

東京ショールームでの様子

写真

梅田ライブオフィスでの様子

「コクヨフェア」は、コクヨの商品やソリューションを展示するだけではなく、企画開発の背景や創意工夫を伝え、お客様にコクヨのホスピタリティを感じていただくことを目的に、実施しています。

東京ショールームでは2015年12月7日~10日に、ファニチャー商材を中心とした新製品や「品川ライブオフィス」を体感していただける「2016コクヨ新製品フェア」を開催しました。今回のテーマは、「be- 個性が活きる、自分らしく働ける場所。」。新商品の紹介とあわせて「オフィスはただ働くだけの場所ではなく、多様な個性を持った人々が集まり、働く人が気持ち良く過ごせる場所でありたい」というメッセージを込めて、「これからのオフィスのあり方」を提案しました。期間中は、これからのビジネスや働き方への高い見識をお持ちの企業経営者、大学教授の方々によるセミナーも実施し、4日間で7695人(前年比107%)に来場いただきました。

大阪の梅田ライブオフィス、ショールームでは2016年1月20日~22日に、「2016新製品フェア大阪」を開催しました。西日本エリアの販売店様やお客様へプロダクトの良さを訴求することに重点を置いた企画内容で、実際に開発に携わったメンバーも説明担当として商品に込めたこだわりをじっくりと伝えました。商品展示とあわせて、「オフィス情報管理」「企業防災」「企業ブランディングとオフィスづくり」など、多彩なテーマによるセミナーを実施し、期間中は、目標としていた1000人を超える1078人のお客様に来場いただきました。

社員が実際に働く最新のオフィス空間をご案内 ~ライブオフィスを25拠点で展開~

写真

コクヨマーケティング山口支店ライブオフィスでの様子

写真

コクヨ山陽四国販売岡山オフィスフェア終了後全員で集合写真

1969年より45年以上にわたって、さまざまな実験・実践と分析を繰り返し、お客様と対話しながら提供価値を磨き続ける「ライブオフィス」の取り組みを進めています。 ライブオフィスは、社員がクリエイティブなワークスタイルを実践する先進的なオフィスで、自ら利用しながら使い勝手を確かめ、さらに改良を加えながら生産性を高めている様子をお客様にご覧いただく取り組みです。単なる、働く「場」としてのオフィスにとどまらず、社員の働き方への意識変革を促進させる仕組みや、コミュニケーション活性化のためのさまざまな仕掛けを取り入れた空間として展開しています。

2015年は、山口、岡山にも新たに誕生し、国内は25拠点(海外を含むと30拠点)のライブオフィスで、社員が実際に働いているオフィス空間をご覧いただけるようになりました。

山口ではコクヨマーケティング山口支店が山口県の中心地である新山口駅付近にライブオフィスとして移転し、2月4日にライブオフィスフェアを開催しました。販売店様、お客様を合わせて58社118人に来場いただきました。また岡山でも、コクヨ山陽四国販売の本社オフィスの移転を機にライブオフィスを開設し、11月25日からの3日間で499社742人にお越しいただきオープングフェアを開催しました。

お客様に「気づき」を提供するセミナーを各地で開催

写真

コクヨKIZUKIフェアの様子

全国各地で、オフィスにおけるさまざまな課題解決の為のヒント、つまりお客様にとって価値ある「気づき」を提供することをテーマとしたセミナーを開催しています。

北海道では、2月5日~6日に、コクヨ北海道販売が「コクヨビジネスコミュニケーションフェア2015」を札幌駅前で開催しました。「きっと見つかる あなたの最適空間!」をテーマに、オフィスを、創造するためのコミュニケーション空間と捉えオフィスワークにおいて発生するさまざまな課題を解決するための製品を、紹介しました。

またコクヨ北関東販売株式会社は、茨城県水戸市で8月19日、20日の2日間にわたり、「KIZUKI(気づき)フェア」を開催しました。このフェアでは、防災・マイナンバーセキュリティ関連商品、医療・教育・官公庁等の業種業態別の文具、オフィス用品、オフィス家具を展示し、使用例に基づいて実際に触れることで、課題解決へのKIZUKIを獲得していただくことを目指しました。来場いただいたお客様から商品展示・事例紹介について「分かった」・「良く分かった」と評価をいただきました。

コンテンツリンク
お客様への対応・サポート お客様の声を生かす仕組み
お客様との対話  
お客様とともに トップページ
ワードバンク

カーソルを赤い下線が引かれている用語の上に合わせると、横に解説が表示されます。

ページトップへ