社外からの評価

外部からの表彰・評価

表彰

アクタスのスモークオイルが日本の優れた地方産品「THE WONDER 500™」に選出

調味料を燻製するというレストランのひと手間から生まれた新発想の調味料

調味料を燻製するというレストランのひと手間から生まれた新発想の調味料

インテリア・小物などの販売を行うアクタスが、品川・天王洲にジビエ料理とワイン、季節のこだわり食材を提供するレストランとして2014年に開業したSØHOLM(スーホルム)。こちらで提供する料理のアレンジのひと手間として使っていた、米油を使用した自家製燻製オイル、SØHOLM SMOKED OIL(スーホルム・スモークオイル)が、「The Wonder 500™(ザ・ワンダー・ファイブハンドレッド)」に選ばれました。

本来、燻製オイルは香りを持続させることができませんが、特許技術をもつ「かずさスモーク」の協力を得て、香りもおいしさも長持ちできる点が特徴です。

※The Wonder 500™は、クールジャパン政策のもと"世界にまだ知られていない、日本が誇るべきすぐれた地方産品"を発掘し海外に広く伝えていくプロジェクトです。

2016年度グッドデザイン賞 コクヨから5商品が受賞

2016年度グッドデザイン賞 コクヨから5商品が受賞

公益財団法人日本デザイン振興会が主催する、総合的なデザインの推奨制度である「グッドデザイン賞」が9月29日に発表され、コクヨから5商品が受賞しました。


<2016年度グッドデザイン賞受賞内容>

  • ・ミーティング用テーブル「VIENA(ビエナ)」(画像 左上)
  • ・電動昇降テーブルシリーズ「SEQUENCE(シークエンス)」(画像 右上)
  • ・オフィスチェアー「Duora(デュオラ)」(画像 左下)
  • ・針なしステープラー「ハリナックスプレス」(画像 中下)
  • ・テープのり ドットライナーシリーズ(画像 右上)

なお「VIENA(ビエナ)」は、本年度グッドデザイン賞受賞対象作品の中で、審査委員より特に高い評価を得た製品として「グッドデザイン・ベスト100」に選出されています。

ReEDENのヨシ筆ペンが「はなやか関西セレクション2016」を受賞

琵琶湖の環境維持に重要な役割を果たす葦(ヨシ)の育成・保護を目的とした「ReEDEN」プロジェクトの一環で開発

琵琶湖の環境維持に重要な役割を果たす葦(ヨシ)の育成・保護を目的とした「ReEDEN」プロジェクトの一環で開発

コクヨ工業滋賀の「ヨシ筆ペンReEDEN」は、関西経済連合会創立70周年記念事業の「はなやか関西セレクション2016」において、「外国人旅行者等におすすめしたい地域特産品」として、滋賀県代表に選ばれました。

琵琶湖・淀川水系の天然の葦(ヨシ)を厳選し1本ずつ丁寧に手作りされ、自然が作り出した美しい葦(ヨシ)の形をそのままボディに採用し、世界に1つだけのペンに仕上げています。

習字や墨絵など日本文化体験のよいきっかけになり、地元琵琶湖・淀川水系のヨシを活用した環境維持にもつながること、そして何よりも手にとりたくなるデザイン性が高く評価されました。

※関西経済連合会が関西広域連合や関西地域振興財団と協力して関西地域10府県の魅力を広く発信し、関西全体を盛り上げることを目指している。

第20回環境コミュニケーション大賞の環境報告書部門「優良賞」を2年連続受賞

第20回環境コミュニケーション大賞の環境報告書部門「優良賞」ロゴ

第20回環境コミュニケーション大賞の環境報告書部門「優良賞」を2年連続受賞

環境省と一般財団法人地球・人間環境フォーラムが主催する第20回「環境コミュニケーション大賞」において、「コクヨグループCSR報告書2016」が、2年連続で優良賞を受賞しました。コクヨグループでは過去第6回、第7回、第13回で「優秀賞」、第19回、第20回は「優良賞」で、5回目の受賞となりました。

今回の受賞は、ISO26000、GRIに則り編集を行っていること、スコープ3の取り組みを開始し、第三者検証を得ていること、2015年の振り返りなど報告書としての編集が読者にわかりやすくできていること、ReEDENによる生物多様性の独自の取り組みを継続していることなどが評価されました。

この受賞を励みに、今後も情報開示の充実に努めてまいります。

日経アーキテクチュア「採用したい建材・設備メーカーランキング・ オフィス家具部門」で、
4年連続1位を獲得しました。

日経アーキテクチュア「採用したい建材・設備メーカーランキング・ オフィス家具部門」で、4年連続1位を獲得しました。

日経アーキテクチュア「採用したい建材・設備メーカーランキング・ オフィス家具部門」で、4年連続1位を獲得しました。

日経アーキテクチュアが発表した「日経アーキテクチュア 採用したい建材・設備メーカーランキング2015」の「オフィス家具部門」において、コクヨが、4年連続で1位に選ばれました。誠にありがとうございます。

この調査は日経アーキテクチュアが、一級建築士2252人の回答結果をもとに、「採用したい建材・設備メーカー」を49の部門別にランキングしたものです。

競争の激しい建材・設備業界において、4年連続1位をいただけたことは大変喜ばしく、コクヨの「採用経験があり、今後も採用したい」、「採用経験はないが、今後は採用したい」というお客様の声が、昨年に引き続き高かったことに、ご期待に応えているという実感があります。

お陰様でコクヨは昨年、創業110年をむかえることができました。

これからも建材、オフィス家具を通じて皆様に「空間価値創造」を提供してまいります。

※調査概要
■調査対象:日経アーキテクチュア読者、日経ホームビルダー読者、日経BP社の建設・不動産総合サイト「ケンプラッツ」の会員から、一級建築士や工務店、住宅メーカーの勤務者を中心に34,977人を無作為抽出
■調査項目:➀その企業の製品の採用経験 ➁その企業の製品の採用意向 ➂採用したい理由 ➃回答者の属性
■回答者:日経アーキテクチュアの集計ベースは、一級建築士の資格保持者の回答2,252件
■調査機関:日経BPコンサルティング
参考:「コクヨの建材サイト

評価

2016年度中にいただいた、外部機関による評価は以下のとおりです。

第11回CSR企業ランキング(東洋経済新報社) 総合順位 245位
第15回企業の誠実さ・透明性(倫理性・社会性)調査(インテグレックス) 総合評価 340/1000
SNAMサステナビリティ・インデックス(SOMPOリスケアマネジメント社) 総合スコア 224.1
ぶなの森 環境アンケート(SOMPOリスケアマネジメント社) 総合評価 Aランク
CDP 気候変動 B(Management)
CDP 森林 B(Management)
第19回環境経営度調査(日本経済新聞社) 総合順位 57位
ワードバンク

カーソルを赤い下線が引かれている用語の上に合わせると、横に解説が表示されます。

使用例
ページトップへ